CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-330「人狼村 史上最悪の田舎」(スペイン)

<<   作成日時 : 2013/01/13 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

呪いが解けなかった時の呪いは? 
 新作小説を執筆するために故郷に帰ってきた作家のトーマス。
 ところが、彼の故郷の村には、生贄を捧げなければ全員が狼人間となってしまう呪いが掛けられていた。(「goo映画」より)

人狼村 史上最悪の田舎 - goo 映画

 作家のトーマスは、生まれ故郷でもある村へやって来て、執筆をするつもりであったが、そこで思わぬ出来事に遭遇する。

 その村は、生贄を捧げないと、村人全員が狼人間に変身してしまうという呪いがかけられた村であり、トーマスと数人の仲間たちと狼人間となった村人たちとの壮絶な戦いが始まる。

 基本的にはアクション・ホラーということになるのだろうが、結構笑いのシーンも多くて、コメディ・タッチのホラーであった。

 実はトーマスは、村が呪いをかけられる原因を作った男の家系ということで、彼を生贄にすることで、呪いは解かれると村人たちは信じている。

 そのため皆トーマスを狙うことになる。

 仲間もトーマスの肉体の一部を狼人間に食べさせれば呪いは解けて、脱出できるのではないかと考え、トーマスの指を切り落として食べさせることにする。

 指切断というのはグロくて痛いシーンなのだが、それを結構笑いでまとめたりしている。

 せっかく切った指を犬が食べてしまったりして、もう1本切らなければいけなくなるなどは、痛いけれど、笑えるシーンだった。
 
 村の様子を伺いに来た警官が狼人間に囲まれてしまい、この窮地をどうやって脱しようとするのかと思ったら、いきなり自分の頭を撃つのには驚いたな。

 おかしいシーンでもあったが、実はこれにはからくりがあったというのは、半信半疑ではあったな。

 狼人間の造型は「パンズ・ラビリンス」のスタッフが手がけたということだが、「パンズ・ラビリンス」のようなファンタジックな感じではなかったな。
 まあ、狼人間しか出てこないからな。

 全てが決着したと思ったラストに、ちょっとどんでん返し的なことが起こるが、これって何故だったんだろう。
 ちょっと判らなかった。

 いずれにしても、単なるホラー・アクションではなく、笑えるシーンも随所にあって、楽しめる一本ではあった。

/5
 
監督:フアン・マルティネス・モレノ
出演:カルロス・アレセス、マベル・リベラ、ゴルカ・オチョア
    セクン・デ・ラ・ロサ、マヌエル・マンキニャ、ルイス・サエラ、マルコス・ルイス
於:シアターN渋谷
人狼村 史上最悪の田舎 [DVD]
松竹
2013-01-12


Amazonアソシエイト by 人狼村 史上最悪の田舎 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-330「人狼村 史上最悪の田舎」(スペイン) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる