CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-327「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」(イギリス・カナダ・スウェーデン)

<<   作成日時 : 2013/01/11 01:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

影を追ってはいけない 
 ロンドンに暮らす若い弁護士アーサー・キップスは、妻に先立たれた悲しみから未だ立ち直れずにいた。
 そんな中、事務所から新たな仕事を命じられた彼は、ひとり息子をロンドンに残し、田舎町クライシン・ギフォードへと向かう。
 目的の館は、霧深い沼地に浮かぶ島の中に建っていた。しかも島に繋がる道は満潮になると水没し、館は完全に孤立してしまう。
 彼はそこで他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺品整理に取りかかる。そして図らずもドラブロウ家にまつわる忌まわしき過去に触れてしまい、館に取り憑くおそろしくも哀しい呪いの正体と対峙していくことになるアーサーだったが。(「allcinema」より)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 - goo 映画

 ハリー・ポッター役であったダニエル・ラドクリフ主演のゴシック・ホラー。

 原作はスーザン・ヒルの「黒衣の女 ある亡霊の物語」で、書店で見かけたのか、タイトルは知っていたな。
 読んだことはなかったが。

 「ハリー・ポッター」シリーズ以外でダニエル・ラドクリフを見るのは初めてだったが、すっかり大きくなったな、なんてものではなく、妻に先立たれ、幼い息子がいるという弁護士アーサー・キップス役。
 無精ひげも生やして、もうすっかり青年だな。

 そのアーサーが仕事のために、クライシン・ギフォードという田舎町へ行き、他界したアリス・ドラブロウ夫人の遺品を整理することになる。

 ドラブロウ夫人が住んでいたというイールマーシュの館≠ェ沼地に囲まれた島に建っており、町から島へ渡るための一本道は満潮時には水没する。

 その風景がなかなか見応えあり、このロケ地ってどこなんだろう、と気になった。
 まさかCG加工しているわけでもないとは思うが。

 その館が荒れ果てた森林に囲まれ、いかにも霊が出てきそうな雰囲気。

 案の定、アーサーはそこで、女性の姿を見かけたりするのだが、町の人々はそんな話をするアーサーを避け、何とか彼を町から出ていかそうとする。

 いきなりの大きな音などで驚かせるシーンは少なめで、廊下の奥の暗闇をじっと映したり、おもちゃやオルゴールがひとりでに動き出したりというところから、いかにも出そうな雰囲気を作り出して、怖さを煽っていく。

 町では、子供が突然自ら命を絶つという事件が連続し、それをドラブロウ夫人の呪いと考えて、町の人々は恐れているし、子供たちを外へ出そうともしない。

 そんな中でアーサーは遺品整理でかつての事件を知り、町や館で起こる怪奇現象はドラブロウ夫人の呪いだと考える。

 やがてアーサーの息子ジョセフが町へやって来ることになっており、ジョセフに被害が及ばないよう、アーサーは行動を開始する。

 結構アーサーは命がけの行動を取るが、よく見つかったな、ということと、そんなことで呪いが本当に解けるのか、という疑問も沸くクライマックスだったかな。

 全てが解決したと思った後のラストは、切ないハッピー・エンドという感じであったが、ちょっと理解しにくい展開でもあったかな。

 非常にオーソドックスなゴシック・ホラーで、ちょっとどんよりとした町や館の雰囲気がストーリーに合っていた。
 作品を通して、恐怖感というか、何かが起こりそう、出そうという感じがいっぱいだったな。

/5

監督:ジェームズ・ワトキンス
出演:ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ、ジャネット・マクティア
    リズ・ホワイト、ソフィー・スタッキー、ロジャー・アラム
於:有楽町スバル座
Woman in Black
Silva America
2012-03-26
Soundtrack


Amazonアソシエイト by Woman in Black の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
雰囲気は良かったけど、あんまり怖くはなかったな。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/01/14 19:41
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
ダニエル・ラドクリフ主演。全体に陰鬱な空気が流れるゴシックホラーの趣がいいね! 弁護士として働くアーサーは妻に先立たれ、悲しみにから抜け出せないでいた。そんな中、彼は仕事で田舎町に建つ館へ赴き、亡くなった家主の遺品を整理することになる。しかし、黒いローブをまとった女がみえるようになったり、町の子供たちが次々と怪死している事実を知ったアーサーは、現地で知り合ったサムとともに、館にまつわる真実を探そうとするのだが…といったストーリー。 ...続きを見る
いやいやえん
2013/06/11 08:32
【映画】ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
<ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2013/06/11 08:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-327「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」(イギリス・カナダ・スウェーデン) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる