CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-312「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」(日本)

<<   作成日時 : 2012/12/31 00:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

自分のやりたいようにやるだけだ 
 “新世界”のとある島に現われた伝説の元海軍大将、ゼット。
 彼の目的は、古代兵器にも匹敵すると言われる巨大なエネルギーを持つ鉱物“ダイナ岩”。その奪取に成功したゼットの野望、それは“全海賊抹殺”だった。
 そんなある日、新世界を進むルフィたち“麦わらの一味”の前に、傷だらけで漂うゼットの姿が。そして、その右腕には大型の武器“スマッシャー”が装着されていた。
 威容を誇るこの右腕の武器を警戒しつつ、懸命にゼットの介抱にあたるルフィたちだったが。(「allcinema」より)

ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット - goo 映画

 原作のコミックも読んだことないし、TVアニメは、歯医者の待合室のTVでたまに流れてるのをチラ見するくらい。

 もちろん劇場版もこれまで観たことなかったのが、ちょっと付き合いのために劇場版11作目にして「ワンピース」初体験となった。

 これまでの設定や話は知らなかったが、本作だけでも楽しめる作品ではあったな。

 ネオ海軍を指揮して、新世界もろとも全ての海賊を滅亡させる野望を持つ、元海軍将軍のゼットに対し、船長であるルフィとその仲間たちが戦いを挑むというストーリー。

 ルフィたちが海賊であるのは知っていたが、どういう成り行きで仲間になったりしたのかは判らないが、こういう仲間たちが力を合わせて戦い、目的に突き進んでいくという話は惹かれるところがあるな。

 ルフィを含めて能力者たちがいるという設定は知らなかったな。

 しかし、そんな能力を使いながらの戦いのシーンはスピード感もあって、見応えあった。

 敵役となるゼットも印象的な人物であったが、「全ての海賊を抹殺する」や「海賊として生きることがどんなことか判っているのか」など、やたらとがなるシーンが多いのがちょっとうるさかったかな。

 しかし、そんなゼットのクライマックスのルフィとの戦いから、最後のシーンに至るまでは意外とホロリとさせられたな。

 キャラ自体も本作初体験ではあったが、個人的にはゾロやサンジあたりが良かったかな。

 個性的なキャラたちであるが、どうもちょっと女性キャラは、ナミにロビン、そしてゼットの部下であるアインなど似ていて、たまに見分けがつきづらかった。

 元海軍のクザンは松田優作、海軍大将のボルサリーノは田中邦衛に似せたキャラだったのかな。

 海賊という設定は、どこかロマンを求めるという感じで、大海原を目的を持って突き進むというロマンを感じさせるのも惹き込まれる要素の一つかもしれないな。

 いずれにしても本作だけでも楽しめるアクション・アドベンチャーだった。

/5

監督:長峯達也
声の出演:田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明、大谷育江、山口由里子
       矢尾一樹、チョー、篠原涼子、香川照之、大塚芳忠、佐々木希、田中美保、西内まりや
於:丸の内TOEI

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット
あっ!特典のコミックス、映画館に忘れてきた! ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2013/01/05 01:29
「ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット」 揺るぎない信念
「ONE PIECE」は2年前までまったくコミックもアニメも見たことはありません ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2013/02/03 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-312「ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる