CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-297「パーティは銭湯からはじまる」(日本)

<<   作成日時 : 2012/12/20 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もし明日が来ないとしても、愛を信じられる? 
 元ゲームクリエイターで今は家業の銭湯の跡継ぎとして退屈な毎日を送る花島。
 30歳の誕生日、彼はこれから臨む合コンに向けて、銭湯の湯船で仲間たちと入念な作戦会議中。しかし気合い十分で挑んだものの、結果は惨敗。
 ところが泥酔した彼が意識を取り戻すと、そこは合コンに向けた作戦会議中の湯船の中。彼は自分がタイムスリップしたことに気づき、前回の失敗を教訓に、今度こそは成功を勝ち取るべく本日2度目の合コンに向かうのだったが。(「allcinema」より)

パーティは銭湯からはじまる - goo 映画

 冒頭合コンのシーンから始まるが、その日30歳になった花島は気合を入れて合コンに望むが失敗。
 しかし、気を失って気付くと合コン前に仲間と銭湯にいる場所へ戻ってしまう。

 いざ、再び合コンへと向かうが、また失敗。

 すると気を失った花島が気付くとまた銭湯に戻っており、やがて花島は自分がタイムループにはまってしまったことに気付き、何とかそのループを脱しようともがくのだが、なかなかループから脱け出せない。

 そんな花島のもがく姿を、ちょっとゲーム感覚を加えながらコミカルに描いた青春コメディ。

 まあタイム・スリップなのかよく判らなかったし、SF感覚は全くなかったな。

 最初はクールな二枚目キャラで合コンに挑む花島であるが、何故かそれが女性たちにうけず、合コンを繰り返していくうちに、徐々に花島は壊れていく。

 花島のそんな姿は面白かったが、かなり遊びに走ったような展開なので、ちょっと乗り切れない部分はあったかな。

 途中よく判らないが、ゲームの中だといって、花島がラスボスと闘うシーンがあったが、これはちょっとしょぼかったし、意味があったのかな、という感じ。

 とりあえず、どのような手段で花島は、このループを脱け出せるのか、というのは興味深かったが、その結末もスッキリ判るものではなかったな。

 合コンでイタい姿を見るのは辛かったが、徳山秀典演じる花島。
 そしてその友人たちの、須賀貴匡演じる風間、高野八誠演じる鳥谷、佐藤永典演じる月野の4人組はイケメン揃いではあったな。

 こんな男性相手だと、とりあえずビジュアルだけで女性たちはテンション上がるんではないかな。

 SFっぽい話ではあったが、実際はコミックといっていい作品で、この展開にのれるかどうかは、観ている人次第になってしまうような気がする。

 イケメンの男が、徐々に壊れていく様子は面白かったが、話自体は、逆にそのドタバタ感でのりきれないところのある作品だった。

/5

監督:松田圭太
出演:徳山秀典、須賀貴匡、高野八誠、佐藤永典、波瑠、有末麻祐子
    倉岡生夏、安藤成子、内田流果、宮川一朗太、斎藤洋介
於:シネ・リーブル池袋画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-297「パーティは銭湯からはじまる」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる