CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-201「彼女について知ることのすべて」(日本)

<<   作成日時 : 2012/09/22 02:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

運命線が出てきた 
 平凡な教職員の鵜川は、同僚の美千代との結婚を漠然と考えていた。
 そんな時、美千代の学生時代の後輩、メイが鵜川の前に現れる。美千代は露骨に嫌悪感をあらわにするが、鵜川は興味本位から美千代と正反対の性格のメイに惹かれ始める。
 次第にメイに溺れていく鵜川。
 ある日、メイの恋人だと言う粗暴な男、真山が現れる。出所したての昔の男に束縛されるメイと鵜川。
 そんな二人はやがて破滅へと追いやられていく。(「goo映画より)

彼女について知ることのすべて - goo 映画

 「永遠の1/2」の佐藤正午の原作小説を映画化した、エロス・ノワール。

 流れる音楽や、作品全体の雰囲気から、ちょっとハードボイルドっぽい感じもいっぱいだった。

 平凡な教職員だった鵜川が、ある日同僚で、恋人の美千代の学生時代の後輩、メイと出逢う。

 美千代が露骨に嫌うメイであったが、鵜川は彼女に興味を持ち、やがて彼女に溺れていく。

 美千代とも別れた鵜川であるが、刑務所に入っていた、メイの恋人だという男、真山が現れ、やがて鵜川は破滅の道へと追い込まれてしまう。

 一人の女性との出逢いによって運命を狂わせていく男を描いたノワール・サスペンスということで、メイはファム・ファタール的な存在となっている。

 真山の脅しによって、親友さえも裏切らざるを得なくなった鵜川。

 一応メイも真山が絡んでくることを拒んではいるのだが、果たしてそれが本心なのか、それとも鵜川を陥れる手管なのかは、ハッキリしない。

 あまりにも真山の要求が厳しくなり、二人が逢うことも困難になってきた時、メイは鵜川に真山を殺す提案をする。

 もしかすると、真山と別れる、殺すために鵜川を利用しようとしたのか。

 なかなかメイの真意を計りきれないうちに、物語はクライマックスを迎えるのだが、予想もしなかった展開となっていく。
 
 一つの愛の形が表れたような展開であったが、それによって別の愛を感じとったというような結末。

 少々メイの気持ちも理解しづらいところもあったが、皮肉を表した結末であったところは、面白かった。
 
 ちょっとエンディングとしては物足りない部分もあったが。

 メイを演じたのは、「王様のブランチ」でリポーターをしていたという、元ブラン娘の笹峯愛。

 あまりよく知らなかったが、ヌードになって濡れ場も演じて頑張っていたが、個人的にはタイプに外れていたので、それ程惹かれるところはなかったな。

 一人の女性を愛し、どうすることもできなくなった男と、その女の運命を描いた作品であるが、雰囲気は良い作品だった。

 鵜川という男に共感するかは、微妙なところであるが、どうしようもなくなることって、あるものなんだろうな。

/5

監督:井土紀州
出演:笹峯愛、三浦誠己、パク・ソヒ、赤澤ムック、長宗我部陽子、中村憲刀
於:渋谷ユーロスペース
彼女について知ることのすべて [DVD]
キングレコード
2012-08-08
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 彼女について知ることのすべて [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-201「彼女について知ることのすべて」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる