CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-145「ビースト・ストーカー/証人」(香港)

<<   作成日時 : 2012/07/28 02:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

どんなに転んで怪我をしても、走り続けなさい 
 刑事のトンは凶悪犯を追跡中に事故を起こした上、誤って女性検事アンの幼い娘の命を奪ってしまう。
 以来、自責の念に苛まれ続けることに。
 それから3ヵ月。アンのもう一人の娘リンが誘拐される事件が起きる。
 犯人の目的はアンが担当する裁判で犯罪組織に不利になる証拠の隠滅。しかし、実行犯はやむにやまれぬ事情から犯罪に手を染めた元ボクサーの男、ホンだった。
 事件のことを知ったトンは、リンを救出するべく単独でホンの行方を追うのだったが。(「allcinema」より)

ビースト・ストーカー/証人 - goo 映画

 「密告・者」のダンテ・ラム監督が、やはり「密告・者」で主演だったニコラス・ツェーを再び主演に据え、更に同じく「密告・者」に出演していたニック・チョンも出演しているバイオレンス・アクション。

 と言っても、製作自体は「密告・者」よりも本作の方が先のようではあるが。

 冒頭、ニコラス・ツェー演じる刑事のトンが、重武装犯を激しいカー・カー・チェイスで追い詰めていく。

 カー・クラッシュや銃撃など、冒頭から激しいシーンを見せて引き込んでいくが、トンが犯人の車に銃弾を撃ちこみ、逮捕するのだが、その車のトランクには少女が入っていて、トンの銃弾によって命を奪われる結果となる。

 のっけから一人の少女が死ぬという衝撃シーンから始まり、その後トンは心に傷を背負いながら、死んだ少女の母親である女性検事アンのもう一人の娘を見守る日々を送る。

 そんな中で、そのもう一人の娘であるリンが誘拐され、アンに犯罪の証拠の隠滅を迫り、トンは執拗に犯人を追いかける。

 誘拐犯は、ニック・チョン演じる元ボクサーのホンで、寝たきりの妻の治療費のために、犯罪に手を染めていた。

 トン、アン、ホン、それぞれの3人が心に傷を持ったまま、事件は展開していく。

 事件の展開自体はさほど目を惹くものでもなかったが、どうしてもリンを救い出そうと死に物狂いのトン。
 娘を一人失い、更にもう一人の娘も危険な目に遭いながら、検事としての決断を下すアン。

 そして寝たきりの妻と、自らも失明の危機にあるホンの異常なまでの狂気。

 傷を負ったままの3人であるが、ただただ激しいまでに物語は展開し、更に激しいアクションも展開される。

 ホンを演じたニック・チョンは、何かにとり憑かれた程の狂気を見せ、暗殺者としても働き、誘拐してきた人間をためらうことなく殺してしまう。

 クライマックスは、リンを殺そうとするホンと、トンの対決であるが、元ボクサーのホンの方が腕力は上である。

 その決着は思わぬところから着いてしまうのだが、途中で失明の危機にあるホンと、寝たきりで話すこともできなくなった妻を見ていると、この二人はもしかして、という思いになる。

 そしてラスト、やはりトンとアン、ホンはある事柄で繋がっていることが判る。

 何とも言えぬ結末だったな。

 感動などとは縁遠い作品ではあると思うが、バイオレンス・アクションとしては、さすがに香港映画という印象で、激しく、惹き込まれる部分があった。

/5

監督:ダンテ・ラム
出演:ニコラス・ツェー、ニック・チョン、チャン・ジンチュー、リウ・カイチー、シャーマン・チョン、ミャオ・プー
於:新宿シネマスクエアとうきゅう
Beast Stalker (Original Soundtrack) [[証人電影原聲]
Henry Lai 黎允文
2012-07-09


Amazonアソシエイト by Beast Stalker (Original Soundtrack) [[証人電影原聲] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビースト・ストーカー/証人
見応えたっぷりだったなぁ。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2012/08/08 01:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-145「ビースト・ストーカー/証人」(香港) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる