CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 12-110「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」(アメリカ・ドイツ)

<<   作成日時 : 2012/06/22 01:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

普通≠ニ異常≠ヘ紙一重 
 ある日、閉店間際の銀行で、ハイテク武装した銀行強盗チームとTシャツ短パン姿のおバカな銀行強盗コンビが鉢合わせする事態に。
 窓口係のケイトリンや大量の小銭を両替に来た怪しげな男トリップら職員や数人の客が人質となってしまう。
 強盗同士で対立し大混乱となる中、トリップは互いに金庫とATMで狙いが別々なのだから、相手を気にせず自分たちの計画を進めればいいと妙な提案をし、すっかり納得した強盗たちはそれぞれの仕事に取りかかるのだが。(「allcinema」より)

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 - goo 映画

 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の脚本家コンビが再び脚本にあたったクライム・コメディ。
 
 邦題のサブタイトルは、いかにも「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」にあやかろうというものっぽい。

 「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の笑いは、微妙に思ったものだが、本作はなかなか面白かった。

 基本はコメディなのだが、二組の銀行強盗が同日同時刻にやって来るところから、そこで起こる殺人事件。

 偶然居合わせた、パトリック・デンプシー演じる、客のトリップが、どういうわけかこの状況を不可解に感じ、この事件の裏側にあるものを解き明かそうと奮闘する。

 クライム・サスペンスの要素も充分である。

 片やハイテク武装をした三人組の強盗、片やコンビニ帰りのような軽装の二人組の強盗。

 この二人組の強盗、ピーナッツ・バターとジェリーがとてもおバカで、その言動に笑わされる。

 そんな二人に誘発されたのか、三人組の強盗も徐々におかしな状況のペースに引き込まれてしまう感じ。

 最初に殺人も起こるので、単なるコメディではなく、サスペンス的要素も強く、人質の一人であるトリップが、この状況の裏にある真相を突き止めようと行動し、実際裏に何かありそうなことが分かってきて、気になってくる。

 それと同時に、もしかすると人質となった客や行員の中に黒幕がいるのではないかと疑念ももたげてくる。

 もちろん、一番怪しいのは、必死で謎を解こうとするトリップ自身のような気はするが。

 ことの真相が明らかになってから、一気に物語は展開して、クライマックスへと流れ込んでいく。

 明かされた真相と黒幕に関して。
 そして最後に明かされるもう一つの真実と、なかなか考え込まれたストーリーだったかな。

 ただ、気になることは残ったままのような気はするな。

 人質となる行員、ケイトリンをアシュレイ・ジャッドが演じており、久しぶりに彼女を見た気がしたが、近くは「BUG バグ」「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」に出ていたんだった。

 同じく行員のマッジには「ヘルプ 心がつなぐストーリー」でアカデミー賞助演女優賞に輝いたオクタヴィア・スペンサーがあたっていたな。

 クライム・サスペンスにコメディを掛け合わせて、なかなか面白くて、惹き込まれる作品であった。

+/5

監督:ロブ・ミンコフ
出演:パトリック・デンプシー、アシュレイ・ジャッド、ティム・ブレイク・ネルソン、プルイット・テイラー・ヴィンス
    マット・ライアン、メキー・ファイファー、ジェフリー・タンバー、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・ヴェンティミリア
於:渋谷シネクイント
Flypaper [DVD]


Amazonアソシエイト by Flypaper [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
12-110「フライペーパー! 史上最低の銀行強盗」(アメリカ・ドイツ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる