CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11-361「フランス特殊部隊GIGN(ジェイジェン)」(フランス)

<<   作成日時 : 2012/01/19 00:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「〜エールフランス8969便ハイジャック事件〜」
機体をエッフェル塔に突っ込ませるつもちだった 
 1994年12月24日、アルジェリアの空港を離陸しようとしていたエールフランス8969便に、大統領警護警察を装った武装イスラム組織の4人組が乗り込んできた。
 彼らは大量の銃火器とダイナマイトを持ち込み、同機をハイジャックする。
 アルジェリア政府はフランスへ向け離陸しようとする犯人側の要求を拒絶、膠着状態が続く。
 一方、フランス政府も特殊部隊GIGNを準備し、事態解決へ向け、同部隊の受け入れをアルジェリア政府に迫るのだったが。(「allcinema」より)

フランス特殊部隊 GIGN エールフランス8969便ハイジャック事件 - goo 映画

 GIGN(ジェイジェン)というのは、世界の特殊部隊の中でもトップクラスの能力を持つ隊員による少数精鋭部隊であるフランス国家憲兵隊治安介入部隊のことらしい。

 その彼らが、1994年に起きた武装イスラム集団によるエールフランスハイジャック事件に対処していく様をリアリティあふれる展開で描いたサスペンス・アクション。

 GIGNの全面協力の下で、当時の犯人とのやり取りや作戦の経過を忠実に再現したという本作。

 確かにドキュメンタリーとも言える感じのストーリー展開に加えて、当時のニュース映像もさし挿んでいるので、余計にドキュメンタリーっぽさが強くなっている。

 一応、主人公らしき人物として、GIGN隊員の一人であるティエリーがおり、任務遂行にあたって、どこかに葛藤があるような素振りを見せていたり、家族との関係を描いたりしているが、ほとんどそこに、これと言った展開はなかったな。

 ハイジャック事件の対策員たちの中の一人、女性職員キャロルも、何かしら主要人物らしく、事態解決のために動こうとするが、こちらもあまり大きな役割は担っていなかったな。

 基本的には、アルジェリアでエールフランス8969便をハイジャックしたヤヒア・アブダラを中心とした武装イスラム集団と、政府とのやり取り、そしてフランス政府の対応と、GIGNの介入。

 このあたりをリアルに描いた作品で、どこかに、あるいは誰かに感情移入して観るという作品ではなかったな。

 クライマックスのGIGNの機内突入のシーンはリアリティがあり、緊張感は高まったな。

 ちなみに、この突入シーンでは実際のGIGN隊員も撮影に参加したということらしく、突入時の動きはかなりリアリティがあった。

 犯人たちは最終的には機体をエッフェル塔に突っ込ませるつもりだったらしく、あの9.11のアメリカ同時多発テロに先立つ大規模作戦と捉えていたらしい。

 雰囲気的には「ユナイテッド93」に似た雰囲気の作品であるが、それ以上にドキュメンタリー色の強い作品だったな。

 リアリティある展開には惹き込まれるものがあったが、ドラマ性が弱いのがちょっと残念だったかな。

/5

監督:ジュリアン・ルクレルク
出演:ヴァンサン・エルバズ、グレゴリー・デランジェール、メラニー・ベルニエ、エメン・サイディ
    シェムズ・ダマニ、ジャニズ・ブジアーニ、マリー・ギラール、ナチュレル・ル・ルイエ、フィリップ・バス
於:シアターN渋谷画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11-361「フランス特殊部隊GIGN(ジェイジェン)」(フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる