CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11-303「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ)

<<   作成日時 : 2011/12/04 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

火曜と美女の前では 
 17世紀のフランス。若くして王位を継いだルイ13世は、王妃アンヌに夢中で政治には無頓着。その隙に野心家のリシュリュー枢機卿が着々と実権を掌握しようとしていた。
 そんな中、三銃士に憧れる無鉄砲な青年ダルタニアンが田舎からパリへとやって来る。最初はそうとは知らずに三銃士相手に決闘を申し込むダルタニアンだったが、リシュリューと敵対する両者はほどなく和解、晴れて三銃士の仲間入りを果たす。
 その頃、正体不明の美女ミレディは、王妃と敵国イギリスのバッキンガム公爵が通じていると見せかけるべく、王妃の首飾りを盗み出しイギリスへと渡る。
 ダルタニアンは秘かに想いを寄せる王妃の侍女コンスタンスからそのことを知らされ、三銃士と共に首飾りの奪回へと旅立つ。(「allcinema」より)

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 - goo 映画

 三銃士とダルタニアンの物語というと、アレキウサンドル・デュマの原作は読んだことはないのだが、その名前は聞いたこともある。

 おそらく何度か映画化されていると思うし、小学生ぐらいの時にTVで「三銃士」「四銃士」という作品が放映されていたのをおぼろげながら記憶している。

 実際ちゃんと映画化作品でちゃんと鑑賞したのは「ヤング・ブラッド」ぐらいかな。

 と思っていたら、ディカプリオの「仮面の男」もシリーズ・エピソードの一つで三銃士にダルタニアンも出ていたんだ。

 その古典的名作と言われる「三銃士」をまたまた映画化したのは、「バイオハザード」シリーズで監督、製作を担当しているポール・W・S・アンダーソン。

 17世紀のフランスを舞台にして、三銃士と田舎町から銃士に憧れパリにやって来たダルタニアンが、王宮内での陰謀に立ち向かうアクション・エンターテインメント。

 ダルタニアンを演じたのは「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」で主人公パーシー・ジャクソンを演じていたローガン・ラーマンであるが、それぞれの三銃士を演じていた人物は、名前を言われただけでもすぐに思い出せない人ばかりだったな。

 逆に周囲の人物を演じるオーランド・ブルームやクリストフ・ヴァルツの方が日本では知名度あるかな。

 そして何と言っても、監督の奥さんであり、「バイオハザード」でも主人公アリスを演じるミラ・ジョヴォヴィッチ。

 謎の女スパイ、ミレディを演じているが、本作で見せるアクションはアリスそのものだったな。
 一番目立っていた存在かもしれない。

 若きルイ13世の側近である、クリストフ・ヴァルツ演じるリシュリュー枢機卿がフランスの政治を掌握するために、ある陰謀を図る。

 その陰謀を知った三銃士とダルタニアンが、フランスの危機のために立ち上がるという話。

 銃士の話であるから、剣を使ってのアクションを期待していたのだが、思っていたほど、そういうシーンがあったという印象はないな。

 ダルタニアンと三銃士が最初に対峙した、公園での近衛兵たちとの対決や、クライマックスでのダルタニアンとロシュフォール隊長との対決シーンぐらいしか印象残ってないな。

 それ以外はアクション・シーンと言っても、大掛かりな爆破や、当時には実際はなかっただろうという飛行船での対決シーンなどがあるが、飛行船のシーンはかなりの迫力で、見応えあったな。

 体を張ったアクションは、やっぱりミラ・ジョヴォヴィッチであるが、リシュリュー枢機卿とも、オーランド・ブルーム演じるイギリスのバッキンガム公爵とも通じているミレディの行く末はどうなるのか気になった。

 彼女は三銃士の一人でもあるアトスとも恋仲であったりしたので、ラストは美しく終わるのかと思ったら、意外と呆気ない退場だったな。

 ただ、ラストに彼女の行き着いた先が判るのだが、あれだけのアクションを見せていた彼女だけに、もうちょっとからくりを見せて欲しかった気もする。

 「三銃士」というタイトルで、中世を舞台にした話ではあるが、作品としては現代的なアクション・エンターテインメントになっている。

 剣を使ってのアクションは少なかったが、楽しめた作品だった。

 正義を貫く男たちの話でもあったし。

 三銃士の名前は本作で覚えることができたが、その名前に関しては「スラムドッグ$ミリオネア」をふと思い出してしまうな。

+/5

監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ
    マシュー・マクファデン、レイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、マッツ・ミケルセン
    ガブリエラ・ワイルド、ジェームズ・コーデン、ジュノー・テンプル、フレディ・フォックス
於:TOHOシネマズ スカラ座
Three Musketeers
Milan Records
2011-10-18
Soundtrack


Amazonアソシエイト by Three Musketeers の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 想像していたよりオーソドックス
三銃士の物語はけっこう好きで、映画や本も読んでます。 映画だと1993年の「三銃 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2011/12/04 06:44
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
『三銃士』なのに三銃士は脇役なんだ・・・。 ...続きを見る
だらだら無気力ブログ!
2011/12/15 02:02
『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 原作と違う理由
 高校時代、『ダルタニャン物語』に熱中した私は、まさしく巻を措くあたわずという状態だった。この長大な物語の先を早く読みたかったので、とうぜん授業中も読みふけった。  国語の授業でのこと、先生は教... ...続きを見る
映画のブログ
2012/01/09 17:09
映画:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
 なーんか予告編を見てもあんまり魅力を感じない作品でしたが、まぁ何となく見に行くことにしました。と言うわけで今夏の記事は三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船です。 ...続きを見る
よしなしごと
2012/01/15 01:30
三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
「一人は皆の為に、皆は一人の為に」有名なアレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を大胆にアレンジして映画化。娯楽大作としては全体に軽いタッチの作品になってます。 ダ・ヴィンチが設計した飛行船が実際に作られていたというのが面白い設定ですよね。なんか、曲がパイレーツみたいだったけど。 アトスのマシュー・マクファディンさんやアラミスのルーク・エヴァンスさんらが男前♪うふ。でも三銃士側よりも、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツさんら悪側のほうがインパクト強い... ...続きを見る
いやいやえん
2012/04/24 09:12
【映画】三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
<三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 を観て来ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2012/05/23 11:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11-303「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる