CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11-237「BIUTIFUL ビューティフル」(スペイン・メキシコ)

<<   作成日時 : 2011/09/26 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

死にいく者は、全てを現実に整理すること 
 スペイン、バルセロナ。この大都会の片隅で、移民や不法滞在者を相手に、時には違法なことにも手を染めて日々の糧を得ている男、ウスバル。
 麻薬に溺れ荒んだ生活を送る妻と別れ、愛する2人の子どもたちを男手ひとつで懸命に育てていた。
 ところがある日、彼は末期ガンと診断され、余命はわずか2ヵ月と告げられる。
 死の恐怖にも増して、何よりも遺される子どもたちの今後が、苦しみとして重くのしかかってくるウスバルだったが。(「allcinema」より)

BIUTIFUL ビューティフル - goo 映画

 「21グラム」「バベル」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督が、「ノーカントリー」でアカデミー助演男優賞を獲得した、ハビエル・バルデムを主演にしたヒューマン・ドラマ。

 今年のアカデミー賞でも外国語映画賞と主演男優賞でノミネートを、本作は受けたようである。

 バルセロナの片隅で、娘二人と日々苦しみながらも生活していた、ハビエル・バルデム演じるウスバルが、ある日末期がんで余命2ヶ月と宣告され、残りの日々を娘たちと過ごすことと、娘たちのために何かを残すことに決める。

 余命わずかとなった男の、娘たちのために生きる姿を描いたヒューマン・ドラマであるが、徐々に病気に蝕まれ、死への恐怖に脅えながらも、その事実を娘たちにも伝えず、ある意味強がりな部分をも見せている。

 生活のために裏仕事の手伝いをしているのだが、そちらの方でも様々な問題が発生し、自らを責めるような出来事も起こってしまう。

 あまり宣伝や予告では触れていなかったと思うが、ウスバルにはある能力があるようで、それが生と死について考えるようなことにもなっているのだろうか。

 男の余命期間を描いているわけだが、仕事に絡む問題、家族の問題は出てくるものの、基本的にはそれを淡々と、じっくりと描いている。

 じっとりと心に迫ってきそうな作品で、話の展開などは非常に興味深く、ウスバルが死ぬまでにどのようなことをするのだろう、という興味も尽きなかった。

 物語の起伏としては、それ程あるようには感じないのだが、描かれていることは濃密であったな。

 死ぬことは考えたくないが、もし自分が余命宣告されたなら、と考え、ウスバルがすることに感情移入しながら、共感したり、あるいはちょっと反発したりしながら観ることになったな。

 兄も別れた妻も、今ひとつ娘を託すには信用のおけないところがあり、そこでウスバルが頼るのが、一緒に仕事をし、強制送還されてしまった男の、残された妻。

 彼女もウスバルの期待を裏切るのかな、と思ったが、そこには良心、もしくは慈悲心があったのかな。

 やっぱり演じたハビエル・バルデムが、渋い。

 イニャリトゥ監督は黒澤明監督へのオマージュとして、作品中に「生きる」のワンシーンを引用したらしいが、「生きる」自体を観ていないので、どのシーンか判らなかったな。

 面白かった、という言葉が当てはまるのかは判らないが、死を目前とした一人の男の生き方、後始末のドラマとして興味深い作品ではあった。

/5

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
出演:ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、エドゥアルド・フェルナンデス
    ディアリァトゥ・ダフ、チェン・ツァイシェン、アナー・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレヤ、ルオ・チン
於:TOHOシネマズ シャンテ
Biutiful - 映画ポスター - 11 x 17
Punt Dog Posters


Amazonアソシエイト by Biutiful - 映画ポスター - 11 x 17 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【映画】BIUTIFUL/ビューティフル
<BIUTIFUL/ビューティフル を観て来ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2011/11/04 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11-237「BIUTIFUL ビューティフル」(スペイン・メキシコ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる