CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 10-285「BECK」(日本)

<<   作成日時 : 2010/12/08 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

いつか、自分の気持ちを伝えたくなる時が来る 
 自分はつまらない人生を送るだろうと半ば諦めていた平凡な高校生、コユキ。
 そんな彼の前に、音楽のことだけは妥協を許さないニューヨーク帰りの天才ギタリスト、南竜介が現われる。彼の飼い犬“BECK”を助けたことが縁で知り合い、古いギターを譲り受けたコユキは次第に音楽にのめり込んでいく。
 そんな中、新バンドのメンバー探しをしていた竜介は、ボーカルの千葉とベースの平をスカウト、飼い犬にちなんで命名したバンド“BECK”を結成する。
 一方、バイト先の常連・斎藤に指導を仰ぎ、懸命にギターの練習に励むコユキ。竜介の妹・真帆は、そんなコユキの才能をいち早く見出し、陰ながら応援していくが。(「allcinema」より)

BECK - goo 映画

 読んだことはないのだが、ハロルド作石の原作の大人気コミックを、「20世紀少年」シリーズ等の堤幸彦が実写映画化した作品。

 主演は、本作公開中に事務所退社問題などが浮上し、今や作家としてデビューすることとなった水嶋ヒロ。

 いじめを受け、毎日の生活も未来もつまらないと思っていた少年、田中幸雄が、帰国子女で、天才的ギタリストの南竜介との出会いをきっかけに音楽にのめり込んでいき、様々な挫折や経験を味わいながら成長していく青春ストーリー。

 クラスに田中幸雄という名前の生徒が二人いて、小さいからコユキと呼ばれるようになったというのは、日本ハムファイターズの選手と一緒だな。

 ハロルド作石は日本ハムファイターズファンか?
 そう言えば、南竜介というピッチャーもいたような気がする。

 そんな音楽青春ストーリーを観終わった後に思ったことは、「ソラニン」の宮アあおいも頑張っていたのにな。

 学校ではパシリにされ、これといってやりたいこともなく、将来も見えなかった少年が、一人のギタリストと音楽と出逢い、成長していく。

 音楽を題材とした青春ストーリとしては、よくあるような感じではあるが、コユキの成長ストーリーとしてはまずまずだったかな。

 竜介が作ったバンドBECK≠ェ徐々に出来上がっていき、最終的に日本最大のロックフェスに出演するという展開も盛り上がっていくものではあった。

 ただ、竜介にまつわるエピソードがややオーバーな感じがして、ちょっとこの青春ストーリーにそぐわない感じがしたな。

 ジョン・リー・デイヴィスとの話はまだいいとして、レオン・サイクスが絡んでくるエピソードは、どうかな? と思った。。

 それに、竜介のキャラが独りよがりで、果たして最後に、本当にBECKのメンバーがまとまったのか、疑問のままラスト・ステージのシーンになってしまったような。

 しかし、本作で賛否両論、というか否定的な意見を聞くことの多かったのが、コユキの歌のシーン。

 最初に忽那汐里演じる真帆の隣りで歌うシーンでは、まあ演出的に、ここではまだで、最後に聞かせるのかなと思った。

 その後何度も歌うシーンが描かれるが、徐々にもしかしたら、という気持ちが湧き上がってくる。

 もう最後の方では、このままなんだろうなという諦めの気持ちと、否、オーラスには、と一縷の望みを持って観ることとなってしまった。

 これも一つの演出だろうが、やっぱりコミックとは違って、映画は画と音があるので、かなり物足りない気持ちになってしまうな。

 これなら、桐谷健太演じる千葉の「レボリューション」の方が盛り上がった。

 主となるストーリーは青春モノとして楽しめたが、やや広げすぎたエピソードと歌の演出に物足りなさは残ってしまったな。

/5

監督:堤幸彦
出演:水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼、向井理、中村獅童、松下由樹、カンニング竹山
    倉内沙莉、水上剣星、古川雄大、桜田通、川野直輝、高橋努、フロイド・リー、サンキ・リー、竹中直人
於:新宿ピカデリー
BECK オリジナル・サウンドトラック
アリオラジャパン
2010-09-15
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BECK オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
BECK[ベック]
ハロルド作石の大ヒット同名コミックを『20世紀少年』シリーズや 『トリック』シリーズの堤幸彦監督が映画化した青春音楽ストーリー。 取り柄もなにもない平凡な毎日を過ごす高校生が帰国子女の天才ギタリストと 出会うことで音楽の魅力に取りつかれ、天才ギタリストが結… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/12/13 00:55
「BECK」 確かに「ケミストリー」はある
ハロルド作石さんのヒット漫画「BECK」の堤幸彦監督による映画化作品です。 原作 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/12/25 14:19
『BECK』 映画レビュー
『 BECK 』 (2010)&#160;監  督 :堤幸彦キャスト :水嶋ヒロ、佐藤健、桐谷健太、忽那汐里、中村蒼 向井理、カンニング竹山、倉内沙莉、水上剣星、古川雄大 ハロルド作石の漫画『BECK』を原作とした青... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2011/02/24 15:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10-285「BECK」(日本) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる