CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 10-41「倫敦から来た男」(ハンガリー・ドイツ・フランス)

<<   作成日時 : 2010/02/22 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

何か変わったこととは?
 港に隣接する鉄道の制御室で働く平凡な男、マロワン。単調な毎日を送っていた彼はある晩、倫敦から来た男、ブラウンが犯した殺人の現場を目撃してしまう。
 その後、マロワンは海中へと沈んだ男が持っていたトランクを海から引き上げる。すると中には大量の札束が入っていた。警察はおろか家族にも打ち明けることなく、それを隠し置くマロワン。
 そして、いつもと同じ日常を繰り返そうとするのだが。(「allcinema」より)

倫敦から来た男 - goo 映画

 小説に関しては読んだことはないのだが、「メグレ警視シリーズ」などで、その名はよく聞いているジョルジュ・シムノン。
 
 そのジョルジュ・シムノンの原作を映画化したのが本作。全編モノクロで撮られたノワール・サスペンスということで、楽しみにしていた1本。

 昨年12月に公開していたのだが、なかなか時間が合わず、気付けば上映終了が近づいていたので、急いで鑑賞することに。

 ジョルジュ・シムノン原作、ノワール・サスペンスということぐらいしか知らず、ストーリーについては予備知識無しの鑑賞。

 モノクロで、光と闇を使い分けた映像はなかなか美しく、この作品の雰囲気に合った映像であった。
 しかし、1シーン、1シーンの時間の長いこと。

 初っ端のシーンはかなりの長回しで、しかもほとんど台詞がない。
 はっきり言って、何が起こっているのか、なかなか判らない。

 この長回しは冒頭だけかな、と思っていたら、ずっとこのように1シーンが長回しで撮られていく。
 2時間強の作品であるが、ハリウッドなら90分ぐらいの作品で仕上げるのではないだろうか? と思うほど遅々とした進み具合である。

 各シーンの最後に長々とキャストの表情を映し出すところがあり、そこのところは、なかなか印象的で、余韻を残すようなところもある。

 シーンの最初でバック・ショットも多く、誰と会話しているのか、最初は判らないという設定から徐々にカメラを移動させていき、ようやく話している相手が判るというシーンも多かった。
 この構図も興味深いものではあったな。

 ある港町の鉄道員であるマロワンが、ある夜殺人事件を目撃し、殺された男が持っていたトランクを見つけだす。
 そのトランクの中にあったものは・・・

 タイトルにある「倫敦から来た男」ブラウンが必死探しているトランク。
 それを手にしているマロワン。そしてブラウンを追ってやって来た刑事。

 彼ら3人の人生が交錯していき、やがて事件が再び起きていく。

 ストーリー内容としては、よく見るようなものであるが、長回しによって綴られていく物語なので、いかにも高尚な物語のように感じさせてはくれる。

 しかし、逆になかなかストーリーが展開しないので、やや退屈気味になってくる。
 カメラの動きもスローばかりである。

 サスペンスという部分を取り上げるのなら、かなり肩透かしな作品である。

 どちらかと言うと、モノクロの映像や、長回しで綴られていくシーンなど、アート的な雰囲気の作品である。

 いわゆるアート系の作品が苦手な自分としては、ちょっと辛い作品であったのは間違いない。
 雰囲気はとてもいい作品だったんだが。

 あとで知ったことだが、タル・ベーラ監督は、かつて7時間の超大作を製作したり、わずか37カットで1作品を作り上げたりと、時間に関してはかなり長い映像を得意とする人だったんだということを知った。

 そうすると、その手腕をいかんなく発揮した作品だとは言えるのだろうが、体調のいい時に観ないと、途中で眠ってしまうかもしれないな。

−/5

監督:タル・ベーラ
出演:ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、ボーク・エリカ
    デルジ・ヤーノシュ、レーナールト・イシュトヴァーン
於:渋谷シアター・イメージフォーラム
倫敦(ロンドン)から来た男 [DVD]
紀伊國屋書店
2010-07-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 倫敦(ロンドン)から来た男 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
倫敦から来た男(2007)
 The Man from Lonndon ある晩、静かな港で起こった殺人事件。偶然にも大金を手に入れた男と失った男。二人の人生が交錯し、運命の歯車が狂ってゆく。 3月1日、京都みなみ会館にて鑑賞。何と3日間の限定公開です。実は物語を把握出来なくて正直困ってしまいました。そしてもうひとつ困ったのは睡魔に襲われたことです。写しかたも独特です。船の底から上に向けてかなり遅いスピードで映し出されて行きます。なかなか人物の登場がなくて。。。。一体どうなっているんだろうか?なんて考えてしまいます。 ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/03/04 20:32
倫敦から来た男
【A LONDONI FE&lsquo;RFI/DER MANN AUS LONDON/L&rsquo;H】2009/12/12公開 ハンガリー/ドイツ/フランス 138分監督:タル・ベーラ出演:ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ、レーナールト・イシュトヴァーンある晩、静か... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/09/20 22:09
倫敦から来た男 / 61点 / THE MAN FROM LONDON
倫敦から来た男は睡眠薬を持っていた(-ω-)ZZZZ ...続きを見る
ゆるーく映画好きなんす!
2010/10/04 22:34
mini review 10493「倫敦(ロンドン)から来た男」★★★★★★★★☆☆
ハンガリーの鬼才タル・ベーラが前作『ヴェルクマイスター・ハーモニー』から7年ぶりに放つノワール・サスペンス。「メグレ警視」シリーズで知られる文豪ジョルジュ・シムノンの同名小説を原作に、偶然にも殺人を目... ...続きを見る
サーカスな日々
2010/10/16 09:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10-41「倫敦から来た男」(ハンガリー・ドイツ・フランス) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる