CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 10-06「キャピタリズム マネーは踊る」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2010/01/12 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

ルーズベルトの夢
 2008年9月、信用リスクの高い住宅ローンである“サブプライムローン”問題が顕在化し、世界有数の証券会社リーマン・ブラザーズが破綻、これを契機に金融危機が巻き起こり、世界は空前の大不況に陥った。
 アメリカの一般庶民の中には、一夜にして職も自宅も失い路頭に迷う人々が続出する。対照的に、そのサブプライムローンで暴利を得てきた巨大金融機関には、救済を目的に国民の血税が大量に投入される皮肉な事態が巻き起こる。
 どうして、アメリカの資本主義(キャピタリズム)は、こんな不条理なことになってしまったのか。その答えを求めて、ニューヨークのウォール街へと乗り込んでいくマイケル・ムーア監督だったが。(「allcinema」より)

キャピタリズム〜マネーは踊る〜 - goo 映画

 「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」「シッコ」のマイケル・ムーアが資本主義に切れ込むドキュメンタリー。

 以前からドキュメンタリーは苦手だということを言っており、マイケル・ムーアの作品も全て鑑賞していない。
 本作も個人的にはパスのはずだったがのだが、諸事情により鑑賞することになった。

 結果から言うと、やっぱりドキュメンタリーは個人的には合わないようだな。
 ドキュメンタリー・タッチのフィクションも何本か観ているが、実際のドキュメンタリーとなるとやっぱりどうも合わない感じがする。

 この不況下、取り上げている題材には非常に興味深いものであったし、アメリカの経済事情というものも、少しは判ったような気がする。

 わずかの富裕層だけが利益を得て、多くの非富裕層が苦しむ。それを生み出した者たちに憤りを感じずにはいないな。

 このような映像を見せられると、国民は怒りの声を上げずにいられないだろう、という気がする。

 作中では、それは多くの銀行が行ったということで、ラスト近くにマイケル・ムーアが、市民逮捕をすると言って、多くの銀行に突撃したり、犯罪が行われた場所だ、と言って、犯罪現場に巻かれるテープを巻いていくシーンは面白かった。

 かなり多くの出来事、更にかなり以前のことから取り上げており、話がどんどん進んでいくので、経済に疎い身としては少々辛かったな。

 アメリカと比較して、ヨーロッパや日本の民主主義を賞賛するような発言をしていたが、今や日本もこの不況下、どうなってしまうか判らないな。

 よくよく、政治、経済、銀行など大企業の発言を注意していかないと、日本もすぐにこんな状況になってしまうのではないかと、危惧してしまう。

 内容はともかく、やっぱりドキュメンタリーは苦手だと再認識した作品であった。
 最初の猫がトイレを流す、という映像から、色々面白い映像を織り交ぜて、飽きさせないように工夫しているが、全体的には、ちょっと辛い作品であった。

+/5

監督:マイケル・ムーア
出演:マイケル・ムーア
於:TOHOシネマズみゆき座
キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キャピタリズム マネーは踊る [映画]
原題:CAPITALISM: A LOVE STORY公開:2010/01/09製作国:アメリカ上映時間:127分監督:マイケル・ムーア出演:マイケル・ムーアこんな世界に誰がした!?Story: 2008年9月15日、リーマン・ブラザーズの経営破綻は大規模な金融危機を引き起こし、世界経済は100年に一度と言わ... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/01/12 09:42
「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」 怪物の見えざる手
昨年のアメリカのリーマンショックに端を発した世界の金融・経済の混乱は、やや落ち着 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/01/12 20:27
★「キャピタリズム マネーは踊る」
今週の平日休みの2本目は、 チネから地下街のアゼリアの抜けてTOHOシネマズ川崎へ。 ハリセンボンの春菜じゃねーよ・・・のマイケル・ムーア監督作。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/01/14 03:22
キャピタリズム マネーは踊る CAPITALISM:A Love Story
僕たちのお金を返してくれ!! 100年に一度の世界同時不況!?失われたお金を取り戻すために、ムーアが奔走する!!史上最強のマネー$エンタティメント 東宝シネマズ二条にて鑑賞。前作「シッコ」から2年ぶりの最新作のテーマは、ずばり「おカネ」!!「シッコ」では、アメリカの医療制度を赤裸々にレポしたムーアだが、今回はテーマ「おカネ」からアメリカの資本主義社会の在り方に鋭く切り込んでいる。前作もそうでしたが、本作においても、アメリカという国で生活する人たちにとってはかなり厳しい状況ですよね。特に弱者に... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/01/15 19:21
キャピタリズム マネーは踊る
ブログネタ:2010年に活躍しそうなアメブロガー 参加中 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/02/07 19:23
映画評「キャピタリズム マネーは踊る」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督マイケル・ムーア ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2010/12/10 16:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10-06「キャピタリズム マネーは踊る」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる