CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 09-345「イングロリアス・バスターズ」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2009/12/29 00:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

これがナチへの復讐
 1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。
 同じ頃、アルド・レイン中尉率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”がナチスを次々と虐殺、血祭りに上げた相手の仕上げに頭皮を剥ぎ取るといった残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせていた。
 そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画「国民の誇り」のプレミア上映が決まり、ヒトラーはじめナチス高官が一同に集結することに。この千載一遇のチャンスを逃すまいと、ショシャナ、バスターズそれぞれが行動を開始するが。(「allcinema」より)

イングロリアス・バスターズ - goo 映画

 ナチス占領下のフランスで、家族を殺されたユダヤ人少女・ショシャナの復讐と、ナチ殺しを行う極秘部隊バスターズ≠フ作戦遂行を描くバイオレンス・アクション。

 公開3日間は、面白くなければ、鑑賞料金を返却するという全額返金しバスターズ≠ネるものをやっていたようだが、もし自分がその3日間のうちに観ていたとしても、「金返せ!」とは言わなかっただろうな。

 やっぱりタランティーノらしい面白さのある作品だった。

 予告で観る限りは、結構コミカル・ムードのある作品のように感じたが、基本的にはバイオレンス。コミカルな雰囲気はそれまでのタランティーノ作品にあった程度という感じ。

 作品をチャプター分けしていたが、こういうのはこれまでのタランティーノ作品にもあったな。
 でも、本作はちゃんと時系列順に話を展開していたので、それ程難しい展開でもなかった。

 そしてタランティーノ作品らしい、結構キツい映像もあり。
 頭の皮を剥ぐとか、額にナイフで印をつけるシーンなど、そのまま映像で流され、ちょっと気分悪いと思う人もいるかもしれないな。

 バットで殴り殺すシーンに、クライマックスの映画館での火事のシーンも、ある意味酷いシーンではあった。

 バスターズとショシャナの話が並行的に描かれ、やがてクライマックスの映画館でのプレミア作戦へのシーンで集約されていく。

 それまでのシーンでも、なかなか面白いシーンがあったのだが、ドイツの地下酒場でのシーンはなかななか緊迫感があり、紙一重のやり取りが続いたまま、最後に破裂する、というところが、またらしい感じで面白かった。

 バスターズを率いるアルド・レイン中尉を演じたのはブラピであるが、まあ特徴あるキャラではあったが、ユダヤ・ハンターの異名をとるハンス・ランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの方がかなり目立っていたな。

 個人的にはショシャナ演じたメラニー・ロランに惹かれたが、彼女の結末はかなりドラマ過ぎる結末。

 なかり暴力描写の目立つ作品ではあるが、これもタランティーノ作品の特徴。
 作品自体はそれぞれのシーン、最後の展開まで面白いものだった。

 このバスターズの話というのはフィクションなのかな?

 そう言えば、予告で流れていたヒットラーの「ナイン! ナイン! ナイン!」のシーンはあったが、ブラピの「イエス! イエス! イエス!」のシーンはなかったな。

+/5

監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス
    ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス、マイク・マイヤーズ、ミヒャエル・ファスベンダー
    シルヴェスター・グロート、ジャッキー・イド、ドゥニ・メノーシェ、マルティン・ヴトケ、ロッド・テイラー
於:TOHOシネマズ日劇

イングロリアス・バスターズ オリジナル・サウンドトラック
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-11-11
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イングロリアス・バスターズ
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、ユダヤ人女性のショシャナは 家族とともに匿われていたが、家族はナチスドイツのランダ大佐によって 発見され射殺されてしまう。ただ一人ショシャナは銃撃を免れて逃げだす ことに成功する。 1944年、アルド・レイン中尉を隊長.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/12/29 03:03
イングロリアス・バスターズ
 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリアの.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/12/29 09:35
イングロリアス・バスターズ
タランティーノ監督とブラピの映画、楽しみにしていたので公開日に観に行きました〜が・・・・・感想が遅くなりました・・・・・だって、だって、、、【story】ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す―  監督:クエンティン・タラ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2009/12/29 10:51
「イングロリアス・バスターズ(INGLOURIOUS BASTERDS)」映画感想
クエンティン・タランティーノがブラッド・ピット主演のナチ物おバカ映画を作ったと言うことなので早速見てきました。 第2次世 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2010/01/03 19:08
「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・
本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/01/16 19:22
イングロリアス・バスターズ [映画]
原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名誉.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2010/02/05 11:44
イングロリアス・バスターズ
クエンティン・タランティーノ監督が『キル・ビル』製作の頃から構想を描いていた異色 ...続きを見る
大発狂!マッドシネマ-映画天国-
2010/02/20 19:08
【映画】イングロリアス・バスターズ…思っていたよりも普通(寄り)で良い感じ。
{/kaeru_rain/} 現在、外は凄い雨{/kaeru_rain/}です{/face_acha/} ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/07/25 16:54
イングロリアス・バスターズ-映画:2010-
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2010/09/23 13:20
映画評「イングロリアス・バスターズ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督クェンティン・タランティーノ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2010/11/21 16:41
『イングロリアス・バスターズ』'09・米
あらすじ1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナはランダ大佐の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/12/22 00:44
イングロリアス・バスターズ 俺にゃ良さがわからねぇー
クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットが組んだ話題の戦争映画 「イングロリアス・バスターズ」を見ました!出来るだけ旧作料金(ここでは80円) になってから借りるようにしてるけち臭い僕... ...続きを見る
RISING STEEL
2011/02/14 19:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
09-345「イングロリアス・バスターズ」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる