CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 09-335「ビッグ・バグズ・パニック」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2009/12/16 01:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

巨大昆虫の襲来
 何をやってもまるでダメな冴えない青年クーパーは、ある日ついに会社からクビを宣告されてしまう。その瞬間、奇妙な耳鳴りに襲われ気を失ってしまう。彼が意識を取り戻したとき、世界は巨大な昆虫に支配されていた。
 彼はわずかな生存者たちと必死のサバイバルを繰り広げる。そんな中、生存者の一人であるサラに恋してしまうクーパーだったが。(「allcinema」より)

ビッグ・バグズ・パニック - goo 映画

 何故か理由も判らぬまま、巨大昆虫に占拠された街で、生き残った人間が生き延びるために巨大昆虫たちと戦う様を描いたサバイバル・パニック・ムービー。

 一応パニック・ムービーの体裁になっているが、生き残った人々の中で、中心となるのは怠け者で冴えない男であるクーパー。

 この主人公を反映して、全体的にコミカルなムードでストーリーは進み、パニック・ムービーの緊迫感はかなり和らげられている感じ。

 と言うか、コメディと言った方が近いかもしれないな。

 襲い来る巨大昆虫もそんなにおどろおどろしい感じでもなく、昆虫の習性は残ったまま。
 人間を襲って繭でくるんでしまって、針を差し込んで、何か注入、あるいは吸い込んでいるところはちょっと気持ち悪かった。

 刺された人間は時間が経つと、その人間も昆虫に変態してしまうので、やっぱり何かを注入しているんだろうな。

 昆虫に変態してしまった人間の風体もちょっとおかしかった。
 人間のみならず、犬も昆虫化してしまうのも笑えたな。

 基本コミカル風味なので、大笑いするような感じではないが、クスリと、あるいは苦笑するような感じが多い。

 昆虫が吐き出したり、あるいは潰されたりした時に、ドバッと液体が噴き出るが、そんなに気持ち悪いものではない。
 「スペル」ほどの気持ち悪い液体ドバドバではなかった。

 クライマックスでの昆虫の巣らしき場所でのシーン。巨大昆虫の女王が出てきてのシーンは、ちょっとパニック・サスペンスらしい展開となったが、それでもちょっとおバカな感じはなくならなかったな。

 怠け者で、頼りにならなそうなクーパーが、一緒に生き残った女性・サラに恋して、彼女に認められたいと奮闘するところも場違いな雰囲気であるが、面白くもあり、やがてちょっと格好良さげに見えるというところも意外と良しかな。

 基本的にB級パニック・サスペンスなので、それ程期待することなく観れば、まずまず楽しめるかな。

 ラスト・シーンは続編を考えたものなのか、やたらと気になる終わり方だったな。

/5

監督:カイル・ランキン
出演:クリス・マークエット、ブルック・ネヴィン、レイ・ワイズ、キンジー・パッカード、ウェスリー・トンプソン
    E・クインシー・スローン、デボラ・ジェフナー、リンダ・パーク、ジム・コディ・ウィリアムズ
於:銀座シネパトス
ビッグ・バグズ・パニック 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ビッグ・バグズ・パニック
ある日いきなり酷い耳鳴りに襲われ気を失い、意識がもどるとそこは巨大な 虫たちに支配されている世界で、何事にも冴えない青年が生き残りをかけて 巨大な虫たちを奮闘する様を描いたB級パニックアクション映画。クーパーは父親のコネで就職したものの、毎日の遅刻と勤務.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2009/12/18 02:08
ビッグ・バグズ・パニック
巨大化した生物を扱ったモンスター・パニック作品は、70年代に量産された。中でも虫 ...続きを見る
大発狂!マッドシネマ-映画天国-
2010/02/20 19:09
ビッグ・バグズ・パニック
『ビッグ・バグズ・パニック』  INFESTATION ...続きを見る
こわいものみたさ
2010/06/26 23:31
「ビッグ・バグズ・パニック」
お勧め度:★★★★☆ ...続きを見る
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー
2010/08/11 00:59
ビッグ・バグズ・パニック
作品情報 タイトル:ビッグ・バグズ・パニック 制作:2009年・アメリカ 監督:カイル・ランキン 出演:クリス・マークエット、ブルック・ネヴィン、レイ・ワイズ、キンジー・パッカード、E・クインシー・スローン あらすじ:クーパー(クリス・マークエット)はようやく父親のコネで就職したものの、あまりに勤務態度が悪くて解雇通告を受ける。だが、その瞬間にひどい耳鳴りがして意識を失い、目を覚ますと全身が繭のようなものに覆われていた。なんとか自力でそこから脱出し、状況が飲み込めないまま放心している彼を突然襲っ... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/08/15 01:02
映画評「ビッグ・バグズ・パニック」
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督カイル・ランキン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2010/09/18 16:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
09-335「ビッグ・バグズ・パニック」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる