CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 09-173「愛を読むひと」(アメリカ・ドイツ)

<<   作成日時 : 2009/06/30 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

15歳の時、彼女に助けられ
 1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会った年上のミステリアスな女性ハンナに心奪われ、うぶな少年は彼女と彼女の肉体の虜となっていく。やがて度重なる情事のなかで、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふたりの日課となる。ところが、ある日突然ハンナは姿を消してしまう。
 8年後、法学生となったマイケルは、ハンナと思いがけない形で再会を果たす。たまたま傍聴したナチスの戦犯を裁く法廷で被告席に座る彼女を見てしまったのだ。裁判を見守るマイケルは、彼女が自分が不利になるのを承知で、ある“秘密”だけは隠し続けようとしていることに気づく。その秘密を知るただ一人の者として、マイケルは葛藤し、答えを見い出せないまま苦悩を深めていくのだが。(「allcinema」より)

愛を読むひと - goo 映画

 ケイト・ウィンスレットが6度目のノミネートにしてアカデミー主演女優賞に輝いた作品。

 序盤は15歳の少年・マイケルと年上の女性・ハンナの禁断の愛を描いている。
 まさに「おもいでの夏」のような感じであるが、二人が関係を持つ最初は、どう見てもハンナからの誘いのような感じであったが、正直ハンナの気持ちというのが、今ひとつ読み取れなかった。

 逆にわかりやすいのがマイケルの方である。すっかり年上の女性にはまり込んでしまい、少々有頂天気味になり、ハンナから怒られると、涙を流して許しを請う。

 ある時からマイケルが小説や戯曲を朗読してハンナに聞かせるというのが習慣的になっていく。ただこの朗読というのが、実は単にただ読んであげるということではなく、ここにハンナが持つある秘密が隠されていることになる。

 行方知れずとなったハンナと再会するのが、ある法廷。ここでマイケルは初めてハンナの秘密に気付くのである。
ここでハンナの人生を左右しかねない秘密が明かされるというのは、それまで考えてもいなかったことだけに、ビックリすると共に感心してしまった。

 単なる年上の女性とのひと夏の恋物語。そしてそれを思い返す男、というのを描くだけでなく、法廷という要素とある秘密を加えることによって、更に観ている方を惹きつけるような展開になっているような感じである。

 法廷以降の展開はなかなかジーンとくるような展開となっていく。

 正直主人公の二人。ケイト・ウィンスレット演じたハンナと、レイフ・ファインズ演じたマイケルの心情は詠み辛かったのだが、物語の展開だけでも結構惹きつけられるものがあった。

 最後にハンナがとった行動も今ひとつ理由が判りづらかったのだが。

 こういう話の内容としては結構最後まで惹きつけられて観られた作品だった。

 製作にアンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラックの名が並んでいた。もちろん哀悼の辞もエンド・ロールに述べられていたな。

+/5

監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス
    ブルーノ・ガンツ、レナ・オリン、アレクサンドラ・マリア・ララ
於:TOHOシネマズスカラ座
The Reader [Original Motion Picture Score]
Lakeshore
2009-01-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
愛を読むひと
 『愛は、本に託された』  コチラの「愛を読むひと」は、全世界500万人が涙したベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を映画化した6/19朗読の日に公開されたPG-12指定の大河ロマンスなのですが、公開初日に早速レイトショーで観てきちゃいましたぁ〜。第81回アカ.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2009/06/30 01:05
映画「愛を読むひと」
原題:The Reader ハンナ役を引き受けていたニコール・キッドマンが妊娠発覚により降板したといういわくつきのこの映画、焦点は年上の女性への憧れか親子の断絶か・・・!? ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/07/01 01:03
映画『愛を読むひと』を観た感想
★★★★★結局何もせずに、ごく普通の結婚をするマイケル。自分が幸せな時は不幸な女のことは忘れてしまう。結婚が失敗して、初めて孤独というものを知るのだ。再会のシーンは秀逸だった。どちらも名演技。 素晴らしい。 ...続きを見る
映画初日鑑賞妻
2009/07/01 23:16
『愛を読むひと』を観たぞ〜!
『愛を読むひと』を観ました幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリーです>>『愛を読むひと』関連原題: THEREADERジャンル: ドラマ/ロマンス/戦争上映時間: 124分製作国: 2008年・アメリカ/ドイ... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/07/07 00:06
愛を読むひと
愛は本に託された &nbsp; ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/07/10 11:14
愛を読むひと◆◇The Reader
わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるーーーーー。 6月20日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ケイト・ウィンスレットが本作でアカデミー賞主演女優賞をゲットした。いやあ彼女が立て続けに賞を受賞しているので、驚きです。勝利の女神が彼女に取り付いたのかもしれませんね。 そして本作は全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化だそうです。宣伝はもちろん、ケイトのオスカー受賞も効果してか?シアターにもお客さんが結構入ってました。話題になれば、やっぱり気になる。少しでも早く観たいという... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2009/07/13 12:19
「愛を読むひと」
「愛を読むひと」、観てました。 ...続きを見る
クマの巣
2009/07/15 11:08
「愛を読むひと」
ケイト・ウィンスレット天晴れ!素晴らしい女優魂を見せてもらいました ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2010/01/16 15:37
「愛を読むひと」(THE READER)
ケイト・ウインスレット主演の濃密なラブ・ロマンス風ヒューマン・ドラマ「愛を読むひと」(2008年、米・独、124分、MGM映画配給)。この映画はベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」を「めぐりあう時間たち」などの作品で知られるスティーブン・ダルドリー監督が映画化。第二次世界大戦後のドイツを舞台に、脆弱(ぜいじゃく)な1人の青年と、21歳年上の謎めいた独身女性が繰り広げる恋愛関係と、やがて2人におとずれる悲壮な運命を描く。この作品で、K.ウインスレットは第81回オスカー主演女優... ...続きを見る
シネマ・ワンダーランド
2010/01/24 05:29
愛を読むひと/The Reader(映画/DVD)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード愛を読むひと(原題:The Reader)キャッチコピー:愛は本に託された製作国:アメリカ、ドイツ製作年:2008年配給:ショウゲートジャンル:ドラマ/ラブ&.... ...続きを見る
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー...
2010/02/13 12:57
愛を読むひと
ケイト・ウインスレットが嫌いです。(笑) だって、演技パターンみたいなのが決まっていて 何をやっても一色なんだもの。 しかしこの人、評価されてますよね。 アカデミー賞主演女優賞も取ったらしいし。 一応観ておきますか。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/02/18 14:42
『愛を読むひと』'08・米・独
あらすじ1958年、ドイツ。15歳の少年マイケルは年上の女性ハンナと激しい恋におちる。ある日、ハンナは本の朗読を頼み子供のように、その物語に聞き入った。以来、“朗読"は... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/07/15 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
09-173「愛を読むひと」(アメリカ・ドイツ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる