CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2008/10/20 10:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 17 / コメント 0

そして僕は歩いていく、荒野へ
 1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げず、無一文で旅に出る。
 道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。サウスダコタでは、頭でっかちな彼に、労働と、友人と朗らかに生きることを教えてくれたウェイン・ウェスターバーグと出会い、スラブスではヒッピーらが集まるコミューンで、美しい16歳の少女・トレイシーと出会う。クリスに好意を抱く彼女に、彼もまた恋心を抱くかと思われたが、その想いを抑え、最終目的地であるアラスカへと向かうのだった。

イントゥ・ザ・ワイルド - goo 映画

 恵まれた境遇で育ちながら、全てを捨て、厳寒のアラスカへの大地へと向かい、命を落としたクリス・マッカンドレス。彼のことを書いたノンフィクションをショーン・ペンが映画化した作品。

 1990年大学を卒業してから、1992年アラスカで命を落とすまでの2年間を描いているが、ストーリーはクリスがアラスカに着いて、不思議なバスを見つけ、そこで過ごす日々と大学を卒業し、旅に出て、様々な人と出会いながらアラスカへと向かう姿を並行して描いている。
 ちょっと時間的なことがわかりにくい部分もあったが、一応字幕で年月と場所を示してくれるので、何とか迷わずにすんだかな。

 もっと感情面を押し出して、感動的にまとめ上げるのかと思ったが、クリスの放浪と彼が目にしたモノを描き出すことに重点を置いている感じで、意外とクリスの感情面の吐露とか、そういうシーンが少なかったかな。
 不思議なバスからのアラスカでの生活シーンは、過酷な地での生活ながら、見た目では、極寒の地という印象が薄かったかな。
 旅に出てからのシーンは、一種のロード・ムービーで、多くの人々出会い、経験を積んでいく姿が描かれていく。肩書きや物質社会に嫌気を持つクリス。それまでの旅は確かに何ものにも頼ることなく生きていくというわけではなかったが、それでも多くのことを学んだだろう。果たして彼はアラスカへと足を伸ばす必要があったのだろうか?

 実際の彼の死後、一時彼をバッシングする声もあったという。「荒野への準備不十分」「無資格者」などという声が上がった時期もあったらしい。この作品を観ているだけでも、本当にアラスカの荒野で生活するのだろうか? という気がしないでもなかったな。許可もなくカヌーで川を下っていくなど、少々無謀なところもあったようだし。

 実際彼は街へ戻ろうとして、アクシデントのためにその地から出られず、餓死したようである。目的を達した満足感や共感などはこの作品からはあまり感じることはなかった。
 大きな目的を持ちながら、命を落とした一人の青年の悲しい物語である。

 クリスを演じたエミール・ハーシュは、最後のほうで飢餓に陥っていくところでは、18キロも減量して挑んだらしい。確かにそのあたりのシーンは迫真の演技であった。

 それと彼が辿る地の映像はなかなか圧巻であったな。主題歌も印象に残るもので、この作品によく合った曲であった。

/5

監督:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー
    ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブルック、ブライアン・ディアカー
於:日比谷シャンテ・シネ
オリジナル・サウンドトラック“イントゥ・ザ・ワイルド”
BMG JAPAN
2007-11-21
エディ・ヴェダー


Amazonアソシエイト by オリジナル・サウンドトラック“イントゥ・ザ・ワイルド” の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イントゥ・ザ・ワイルド
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンドレ.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/10/20 11:10
イントゥ・ザ・ワイルド
何もかも捨てて、放浪の旅に出てアラスカを目指した青年の姿を描いた ドラマ。原作はジョン・クラカワーの『荒野へ』。優秀な成績で大学を卒業したクリス。両親を嫌っているクリスは 義務で大学を卒業したことで、自由を求めて家族を捨て放浪の旅にでる。 道中、彼はいろんな.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2008/10/24 10:11
イントゥ・ザ・ワイルド☆ショーン・ペン監督作品
 彼が最後に呟いた言葉は、”アラスカの罠にはまった”でした・・・・・。 &nbsp; 9月30日、この日は、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」とこの作品を鑑賞しました。東宝シネマズ二条で観た「イントゥ・ザ・ワイルド」、俳優ショーン・ペンが監督した2001年の「プレッジ」以来実に6年ぶりとなる新作です。 原作はジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーが書いたノンフィクション「荒野へ」。1992年の夏、アメリカ最北部アラスカ州の荒野でクリストファー・マッカンドレスという若者の死体が発見され... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/10/27 10:15
イントゥ・ザ・ワイルド/エミール・ハーシュ
話題作だと思っていたら意外と公開規模が小さいんですよね。でもそのおかげでTOHOシネマズららぽーと横浜のプレミアスクリーンで観ることが出来ました。ここはゆったりしていて快適なんですよね。 ...続きを見る
カノンな日々
2008/10/27 10:58
イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/10/27 11:02
★「イントゥ・ザ・ワイルド」
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。 ショーン・ペン監督作品で、 「スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。 実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/10/27 23:56
「イントゥ・ザ・ワイルド」
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/10/29 15:00
イントゥ・ザ・ワイルド
イントゥ・ザ・ワイルド’07:米 ...続きを見る
C’est joli〜ここちいい毎日を〜
2008/12/14 22:24
「イントゥ・ザ・ワイルド」
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/03/11 10:23
イントゥ・ザ・ワイルド
原題:INTO THE WILD公開:2008/09/06製作国・年度:上映時間:148分監督:ショーン・ペン出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブ.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/03/25 12:58
野性の命
「イントゥ・ザ・ワイルド」 「いのちの食べかた」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/04/08 12:00
イントゥ・ザ・ワイルド / 75点 / INTO THE WILD
&quot;頭(知識)&quot;ではなく&quot;心(経験)&quot;で生きた・・・その不器用さは途轍もなく美しい ...続きを見る
FUNNY GAMES?
2009/05/28 19:43
なんでそんなオチやね〜〜ん!(泣)〜「イントゥ・ザ・ワイルド」〜
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ショーン・ペンHappinet(SB)(D) 2009-02-27売り上げランキング : 1920おすすめ平均 生きるってなんだろういいんだけど・・・Into The MindAmazonで詳.. ...続きを見る
ペパーミントの魔術師
2009/07/17 02:54
「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち
1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2009/07/19 22:38
イントゥ・ザ・ワイルド
2007 アメリカ 洋画 ドラマ 作品のイメージ:切ない 出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/07/24 14:37
映画評「イントゥ・ザ・ワイルド」
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ショーン・ペン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2009/09/12 15:20
Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜
「Into the Wild 〜イントゥ・ザ・ワイルド〜」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために ...続きを見る
むーびーふぁんたすてぃっく
2010/01/16 19:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる