CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 185「イースタン・プロミス」(イギリス・カナダ)

<<   作成日時 : 2008/07/23 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 28 / コメント 4

心臓の上に星を二つ見た
 クリスマスを控えたイギリス・ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は女の子を産んだ直後に息をひき取る。少女のバッグにあった日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ん坊のために少女の身元を調べようとする。しかし、日記はロシア語で書かれており、アンナには分からない。そこで日記に挿まれていたカードを頼りにロシア料理店を訪ねる。その店の前で、アンナは運転手だと名乗る謎めいた男・ニコライと出会う。
 やがてアンナはロシアン・マフィアの闇の世界に日記が繋がっていることを知るのだったが。

イースタン・プロミス - goo 映画

 アカデミー賞2部門にノミネートされた「ヒストリー・オブ・バイオレンス 愛と暴力の対立」に続いてヴィゴ・モーテンセンが主演のデヴィッド・クローネンバーグ監督の作品。

 この作品でのヴィゴ・モーテンセンは見応えがある。前作では人を殺してはいたものの優しさを見せていた役どころだったが、本作では徹底的に非情で、その素性も知れない謎の男ニコライを演じている。なるほど、アカデミー主演男優賞にノミネートされたのも頷ける。
 顔色一つ変えずに人を殺すことができそうで、しかも死体の解体もやってのける。実際死体の指をちょん切るシーンまで映されていたしな。冒頭でも生々しい殺しのシーンがあり、さすがにR−18のレイティングである。
 一つの見せ場は、サウナでの全裸でのファイト・シーンだな。生々しい闘いシーンだったが、別の意味でも目を引き付けられる。やっぱりR−18だな、と納得。

 そんなニコライの前に死んだ女の子と彼女が産み落とした赤ん坊のために現れるのが、アンナ。予想では非情なる男・ニコライが彼女の真摯な態度に心動かされ、彼女と赤ん坊を守ろうとする、よくある話になるのだろうと思っていた。何て言ってもタイトルからして、二人の間、乃至はロシア人であろう少女、赤ん坊のために何かしらの約束をする。そんな風にとっていたが、チラシなどによると、イースタン・プロミス=人身売買≠ニいう意味らしい。
 何となくアンナとニコライが惹かれ合うというシーンはあれども、逆にニコライは一介の運転手からどんどん組織に深入りしていくような感じ。最後までニコライという男は何者なのかわからなかったが、全裸のファイト・シーンの後で、真実が明かされる。何となく納得できるような真実ではあるかな。

 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」と同じように、ここで終わり? という感じで終わる。ただ「ヒストリー〜」が先を観客に委ねるのに対し、この作品は最後まで見せずとも、話の決着は示しているようである。

 ロンドンの闇に生きるロシアン・マフィアを徹底的に非情にダークに描いている。時に話されるロシア語とロシア訛りの英語がまた生々しさを感じさせてくれる。結構入り込んでしまう作品である。

/5

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール
    イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック、ミナ・E・ミナ、サラ=ジャンヌ・ラブロッセ
於:シネ・リーブル池袋
イースタン・プロミス [DVD]
Happinet(SB)(D)
2008-11-14


Amazonアソシエイト by イースタン・プロミス [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(28件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イースタン・プロミス
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/07/23 06:17
イースタン・プロミス
「イースタン・プロミス」 EASTERN PROMISES/製作:2007年、イ ...続きを見る
映画通の部屋
2008/07/23 21:27
「イースタン・プロミス(EASTERN PROMISES)」映画感想
ロード・オブ・ザ・リングのキャプテンアラゴルン、キングテレコンタールことヴィゴ・モーテンセンがアカデミー主演男優賞にノミ ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/07/25 21:47
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た!
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、 ...続きを見る
とんとん・にっき
2008/07/27 18:51
『イースタン・プロミス』
仕事帰りに、池袋のシネ・リーブル池袋で『イースタン・プロミス』をレイトショーで鑑賞。 ...続きを見る
cinema!cinema! ミーハー映...
2008/07/29 22:33
『イースタン・プロミス』
□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス」□監督 デヴィッド・クローネンバーグ □脚本 スティーヴン・ナイト □キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック、ミナ・E・ミナ、サラ=ジャンヌ・ラブロッセ、ドナルド・サンプター ■鑑賞日 7月16日(水)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   久しぶりにクローネンバーグ作品を... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/08/02 12:54
「イースタン・プロミス」
「イースタン・プロミス」シャンテシネで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2008/08/09 16:50
イースタン・プロミス/ヴィゴ・モーテンセン
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』という映画は興味があったけど、公開時は見逃しちゃって暫く経ってからWOWOWでの放送で観ました。バイオレンス物という事で内心ヒヤヒヤしてたけどノワールな物語でなかなか見応えのある作品でした。(感想日記には書いてません)。で、この... ...続きを見る
カノンな日々
2008/08/09 17:12
イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・?
  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる &nbsp; 7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところから、血、血、血・・・・・・ さてこの後のシーンも結構凄い身元不明の少女の足元からどわっ〜〜と血が流れ出し、意識を失うのだここでもわぁ〜〜となってしまった。どうも血は苦手・・・。 何なの一体??って感じ。さてここからお話の本題に... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/08/09 22:55
99●イースタン・プロミス
グッと来る重さに満足。ヴィゴ・モーテンセンの演技の渋さに心魅かれまくり。“クライム・ムービー”と覚悟して見たら、意外や今までのこのジャンルの映画に、決して引けを取らない佳作だったのでした。アッパレ。 ...続きを見る
レザボアCATs
2008/08/10 12:14
イースタン・プロミス(映画館)
ここでしか、生きられない。 ...続きを見る
ひるめし。
2008/08/10 13:45
イースタン・プロミス
6月27日(金) 20:10〜 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:売り切れ ※パンフレットからプログラムと表記を改める 『イースタン・プロミス』公式サイト 近年、作風(芸風?)が変わったデヴィッド・クローネンバーグ先生の新作。前作と連続してヴィゴ・モーテンセン主演の暗黒映画だ。 粘着系(映像も)の映画の人だったのに、巨匠の風格さえ漂う作品を作り上げた。 ここまで出来る人物だとは、正直、先生のことを侮っていました。すいません。 まあ、難をあげれば、ナオ... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2008/08/10 16:40
★「イースタン・プロミス」
今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2008/08/11 00:57
イースタン・プロミス
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2008/08/12 23:23
【2008-168】イースタン・プロミス
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/08/20 00:11
【イースタン・プロミス】
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル ...続きを見る
日々のつぶやき
2008/08/23 11:06
イースタン・プロミス−(映画:2008年54本目)−
監督:デヴィット・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/09/23 01:24
「イースタン・プロミス」
クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を調べ始める。 ロシア語の分からないアンナは、挿まれていたカードを頼りにロシア料理の店を訪ねる。そして その店の前で、運転手だという謎めいた男、ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)と出会うアンナだったが・・。 ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2008/11/19 19:43
イースタン・プロミス
【EASTERN PROMISES】R-182008/06/14公開製作国:イギリス/カナダ/アメリカ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2008/12/29 23:28
映画『イースタン・プロミス』を観て
62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2009/02/08 23:22
【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね?
今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2009/03/06 21:52
イースタン・プロミス
ここでしか、生きられない。 ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/07/09 15:41
映画評「イースタン・プロミス」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ=カナダ映画 監督デーヴィッド・クローネンバーグ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2009/09/03 14:52
『イースタン・プロミス』を観たぞ〜!
『イースタン・プロミス』を観ました『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンスです>>『イースタン・プロミス』関連原題: EASTER... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/09/19 21:48
ヴィゴ様
「アラトリステ」 「イースタン・プロミス」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/10/07 12:01
映画 「イースタン・プロミス」
ロンドンのロシアンマフィアの世界が 生々しく描かれています。 全体的に暗めのトーンで描かれている中、 時折鮮やかな色が効果的に使われていて はっとさせられます。 血はもちろん、ベビーベッドに置かれた花束、 そしてセミオンが飾り付けているケーキは 特に印象的でした。 視覚的なことだけではなく、 ダークな世界のセミオンとは対照的な美しさだったので。 それから、セミオンの目は惹き込まれるほどの青さでした。 ...続きを見る
英国日記
2009/10/11 11:35
イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD)
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:... ...続きを見る
映画を感じて考える〜大作、カルトムービー...
2010/02/21 13:40
『イースタン・プロミス』'07・英・加・米
あらすじ病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれ女の子を産み落とし、息を引き取る。赤ん坊の親類を探しに、少女のバッグに入っていたロシア語の日記から、ロシア料理レストランに向かうが・・・。感想アカデミー賞主演男優賞ゴールデン・グローブ作品賞ノミネー... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/04/09 21:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
おおおおお、ぴちょん君4つ!!!!
私はコレ、6月のベスト1にして上半期のベスト1でございました。
基本的にマフィアものは好きな傾向にありますが。
こちらのロシアン・マフィアは、ひっそりと暮らしていることもあってか、どこか品の良さを感じたのであります。
ダラダラと描かず、サクッとまとまっている点も良かったと思います。
殺人シーンなんかも、延々と流血させずにワンポイントで印象的に描いている感じがして好きでした。
となひょう
URL
2008/07/23 21:30
となひょうさん、コメントありがとうございます。
となひょうさんは、かなりの気に入り作品となったようですね。
私もマフィアものは好きですが、これはなかなか雰囲気ある作品でした。
主演のヴィゴ・モーテンセンも良かったですね。
全体的に綺麗にまとめてある作品という感じはしますね。
CINECHAN
2008/07/26 00:12
こんにちは、CINECHANさん★
ロシア語のナレーションがすごく情感タップリで、この世界に入り込めた感じがしましたね!

『チェブラーシカ』を見て以来、自分は最近、ロシアブームでしてw
ロシア料理の店で美味しいボルシチを出してくれる店を発見しましたw
昨日も、ロシア映画を見ました^^*
とらねこ
URL
2008/08/10 12:17
とらねこさん、コメントありがとうございます。
ナレーションもそうですが、ニコライのロシア語訛の英語も雰囲気ありましたね。
あまり食に通じていないので、ロシア料理とかよく知らないんですが(恥)。
ボルシチ、ピロシキぐらいかな。
ロシア映画だとリメイクですけど「12人の怒れる男」を観ようと思ってます。
CINECHAN
2008/08/11 01:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
185「イースタン・プロミス」(イギリス・カナダ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる