CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 106「ラフマニノフ ある愛の調べ」(ロシア)

<<   作成日時 : 2008/04/29 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 0

ライラックの香りに導かれ
 1918年、ロシア革命に反対の立場をとるピアニスト・ラフマニノフはアメリカに亡命する。その後全米各地を演奏ツアーで回り、人々は目の前で繰り広げられる奇跡の音楽に、賛辞を送り続ける。ツアーの大成功とは裏腹に、ラフマニノフは日々憔悴していく。祖国への望郷の念も募り、日々の多忙から新しい曲が書けなくなっていた。
 そんなある日、ラフマニノフの元に、送り主不明のライラックの花束が届く。その花の香りは、彼の故郷の思い出と深く結びついていた。そして切なくも情熱な愛の日々が甦る。
 募る想いを込めて交響曲を捧げた年上の女性アンナ。革命に燃える瞳に心奪われたマリアンナ。そしてどんな時も傍で支え続けてくれたのは、妻のナターシャであった。

 恥ずかしながら、「ラフマニノフ」なる人物は知らなかった。「のだめカンタービレ」も観ていなかったし、「シャイン」でも曲が使われていたらしいが、名前にまでは聞き及びなかったな。
 実際劇中で彼の曲が使われていたようだが、正直聞いたことあるのか、ないのか。
 いつの時代の人かもわからなかったが、ロシア革命を前後とした、20世紀の音楽家だったんだな。

 物語はロシア革命によって亡命したアメリカでのツアー中の成功と、彼自身の苦悩を描きながら、ライラックの花の香りに導かれるように、故郷における思い出を綴っている。

 10年も曲が書けない、と苦悩するアメリカ滞在中のラフマニノフ。そこへライラックの花束が届けられ、かつての故郷での日々を思い返し、新たな曲が出来上がる、というようなストーリーのようだが、実際出来上がった曲というのがあったのかな? どれが10年ぶりに書き上げた曲なのかわからなかった。
 最後に叶った願いというのもわからなかった。

 恋をするごとに曲を書き上げるラフマニノフのようだが、予告でも言っていた「こうして生まれたあの名曲=vとはどれだったのだろう? それぞれのことを言っているのだろうか。

 個人的には、苦悩、憔悴しながらも、最後に書き上げた曲を、これだ! と聞かせて欲しかったかな。もちろん常に支え続けてくれた妻ナターシャへ贈る曲ということになるだろうが。

 セルゲイ・ラフマニノフという天才ピアニスト、作曲家という人物を知っただけでも良かったか。実際のラフマニノフの写真を見たが、演じたエフゲニー・ツィガノフの容貌はそっくりじゃないかな。ラフマニノフを知る人が観たら、驚いたかも。
 あと、1920年ごろのアメリカの風景を映した映像がところどころ挿し込まれ、そちらの方も少々興味深かった。

/5

監督:パーヴェル・ルンギン
出演:エフゲニー・ツィガノフ、ビクトリア・トルガノヴァ、ヴィクトリヤ・イサコヴァ
    ミリアム・セホン、アレクセイ・ペトレンコ
於:銀座テアトルシネマ
ラフマニノフ~ある愛の調べ サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック クラシック
2008-05-03
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラフマニノフ ある愛の調べ/エフゲニー・ツィガノフ
彼の名前も楽曲もいたるところで耳にはするけどよく考えてみたらその人物像は全く知らなかったのでとても興味を持っての鑑賞だったんだけど・・・ ...続きを見る
カノンな日々
2008/04/30 10:00
「ラフマニノノフ ある愛の調べ (LILACS )」
ロシアの天才ピアニストにして名曲を生み出したラフマニノフを描いた映画「ラフマニノノフ ある愛の調べ」( 原題:LILAC ...続きを見る
Wilderlandwandar
2008/05/06 22:43
ラフマニノフ ある愛の調べ
不思議なのだが、日本人はなぜかラフマニノフ好き。モーツァルトが好きなのに、ラフマニノフっていうのも良く分からない。いいじゃない音楽なんだからって言われるかもしれないが、それは要するに何だっていいじゃないって事なんだと思うが、一方でこの国の芸術教育にもよるところである。それでもって、美術は印象派が好きだっていって、ルノワールだとミーハーっぽいから、ちょっと理知的にセザンヌとか、美的にドガとか、少数派でシスレーが良いなんて言ってみせたりしている。兎に角ハチャメチャな芸術観には、それで良く正常... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2008/05/25 22:49
映画『ラフマニノフ ある愛の調べ』を観て
48.ラフマニノフ ある愛の調べ■原題:Lilacs■製作年・国:2007年、ロシア■上映時間:96分■字幕:太田直子■鑑賞日:5月10日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:パーヴェル・ルンギン□脚本・製作:ミハエル・ドゥナエフ□脚... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2008/07/27 18:02
ラフマニノフ ある愛の調べ
天才ピアニストにして天才作曲家セルゲイ・ラフマニノフの、“あの名曲”は、こうして生まれた──すべてを捧げた初恋、短くも美しい恋、支え続ける愛──ラフマニノフの人生を変えた3人の女たち。『逢びき』から『シャイン』、「のだめカンタービレ」まで── 数々の作.... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/08/22 23:35
ラフマニノフ ある愛の調べ
2007 ロシア 洋画 ドラマ 伝記 作品のイメージ:切ない、おしゃれ、ためになる 出演:エフゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ、ミリアム・セホン、アレクセイ・コルトネフ ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/07/07 15:52
「ラフマニノフ ある愛の調べ」
原題はライラックなんですね〜。好きな花です ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/07/20 15:07
『ラフマニノフ/ある愛の調べ』(2007)
作曲家でピアニストであるラフマニノフの伝記映画。 ――というよりも彼にまつわる3人の女性との関係を描いたラブストーリー。 ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2009/08/30 08:23
映画評「ラフマニノフ ある愛の調べ」
☆☆(4点/10点満点中) 2008年ロシア映画 監督パーヴェル・ルンギン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2009/12/03 13:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
106「ラフマニノフ ある愛の調べ」(ロシア) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる