CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 58「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2007/03/10 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

三度殺しても、死なない男
 海兵隊員のジョン・トライトンはイラクでの決死の救出劇により戦場の英雄となる。しかし、その行動が軍規に反するということで除隊されてしまう。海兵隊が全てであったジョンは、妻ケイトの待つサウス・カロライナの自宅へ戻って再就職をするものの持ち前の正義感が邪魔をしてクビになってしまう。
 落胆したジョンを慰めるため、ケイトは二人で旅行をすることを提案。二人は車で出かけるが、途中逃走中のローム率いるダイヤ強盗団に遭遇。あることがきっかけでケイトが彼らに誘拐されてしまう。妻を取り戻すため、ジョンの決死の追跡が始まる。

 「シー・ノー・イーヴル」と同じくプロレス団体WWEが製作に関わった作品。看板レスラーの一人、ジョン・シナが主演。今回はホラーではなく、アクションである。
 まあ主演がジョン・シナでもウェズリー・スナイプスでもヴァンダムでも同じであろうB級アクションではある。
 大爆破、大炎上、カー・チェイス、そして肉弾戦。アクションに必要なものは揃っており、ストーリーもB級に充分な内容である。

 強盗団を追いかけるジョンは何百発の銃弾をぶっ放されようが、一発も当たらない。宙を舞う車から放り出されてもかすり傷。肉弾戦では嫌というほど殴られ、叩かれているが、かすり傷。
 正に「ターミネーターか」
 劇中この台詞が出てくるのだが、面白いと思ったのはここぐらいかな。強盗団のリーダー、ロームをロバート・パトリックが演じていることにちょっとかけたのだろう。ロバート・パトリックは「ターミネーター2」でT−1000役で出ていたから。

 ストーリーも何か裏がありそうな展開にはなるが、結局は力技で進んでいく。わかりきった展開の作品ではあるが、こういうB級アクションは好きではある。

/5

監督:ジョン・ボニート
出演:ジョン・シナ、ケリー・カールソン、ロバート・パトリック、アビゲイル・ビアンカ
於:キネカ大森
ネバー・サレンダー 肉弾凶器 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-01-12

ユーザレビュー:
若き日のシュワちゃん ...
特盛りテンコ盛りアク ...
つまらなすぎるどこが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネバー・サレンダー 肉弾凶器 (The Marine)
監督 ジョン・ボニート 主演 ジョン・シナ 2006年 アメリカ映画 92分 アクション 採点★★★ 80年代に一世を風靡した筋肉映画。爆風に吹き飛ばされようが弾丸が雨のように降り注ごうが“筋肉がついているから”ヘッチャラな主人公が、どんな高度な乗物だろうが機械だろう.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2008/01/15 12:26
ネバー・サレンダー/肉弾凶器
★★★  サブタイトルの『肉弾凶器』にB級の臭いがプンプン漂ってくるが、観てみたらやはりバリバリのB級映画だった。 ストーリーは単純明快。ダイヤ強盗団に誘拐された愛妻を救出するため、主人公の夫がひたすら強盗たちを追いかけ回すというアクション映画である。 ネ ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2008/01/23 16:48
ネバー・サレンダー 肉弾凶器
3月4日(日) 17:00〜 キネカ大森1 料金:1000円(テアトル会員) パンフ:製造なし ネバー・サレンダー 肉弾凶器 [DVD]出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンメディア: DVD WWEのプロレスラー、ジョン・シナ主演のアクション映画。俺は、プロレス好きなのだが、アメリカン・プロレスは見ないので、ジョン・シナのことはほとんど知らない。まあ、そんなことは、この映画にはどうでもいい事。アーノルド・シュワルツネッガー初期の傑作2作品みたい... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2010/02/12 01:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
58「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる