CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 284「敬愛なるベートーヴェン」(イギリス・ハンガリー)

<<   作成日時 : 2007/01/03 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 20 / コメント 9

音楽とは神の息吹だ!
 1824年ウィーン。新しい交響楽第九≠フ初演を4日後に控えたベートーヴェンの元に作曲家を志す23歳の若き女性アンナ・ホルツがコピスト(写譜師)として訪れる。女性が訪れたことに激怒するベートーヴェンだが、徐々に彼女の才能を認め、第九≠フ作曲を支える存在となる。昼夜を問わぬ仕事を進めていくうち、二人の間には師弟愛を越える感情が芽生える。
 遂に第九≠フ初演の日。耳の聞こえぬ恐怖を抱えるベートーヴェンはオーケストラを指揮することを躊躇するが、アンナは彼を励まし、指揮の手助けをすることにする。

 芸術家というのはこれほど狂気に駆られ、激情的なものなのか? ここに描かれているベートーヴェンも溢れる才能を持って世間に認められながら、どうにも人付き合いなど下手で、孤独感に苛まれている。そんな彼の才能と人間性を認め、心を通わせ、支えていくコピストのアンナ。二人の出会いと心の交流を描いている作品。
 このドラマ部分のストーリー展開はわかり辛いのではないかな。冒頭のシーンはラストに繋がるはずなのだが、それがわかり辛かった。もう一度冒頭のシーンをラストの方にに挿むべきだったのではないかな。

 しかし、何と言ってもこの作品は音楽である。ベートーヴェン作曲の名曲が幾つも流れる。クラシックには疎いので、それ程知っているわけではないが、その曲が場面場面で効果的に使われている。
 そして圧巻は初日公演の第九=B12分間にもわたる演奏シーンは胸に響いてくる。それはベートーヴェンとアンナが一体となったシーンでもある。

 この作品を鑑賞したのが12月31日。大晦日に第九を聴く。本当は2時間もあるという曲を12分の短縮版で聴けたというのはありがたいことだ。

/5

監督:アニエスカ・ホランド
出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード
    ラルフ・ライアック、ジョー・アンダーソン、ビル・スチュワート
於:日比谷シャンテ・シネ
映画「敬愛なるベートーヴェン」
ユニバーサル ミュージック クラシック
2006-11-22
サントラ

ユーザレビュー:
サントラですからベー ...
とっかかりベートーヴ ...
映画の意図とまったく ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(20件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
142.敬愛なるベートーベン
キリスト教徒ではないのだけれど、小学生の頃読んだ大人用の本で、ベートーベンが耳が聞こえなくなってしまった、ということがなんだかずっと頭から離れなくて、ジャンヌ・ダルクが最後処刑されたことと同様に、自分にとっては“神の所業”ということを考えさせられてしまう.... ...続きを見る
レザボアCATs
2007/01/03 11:57
敬愛なるベートーヴェン
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2007/01/03 14:30
敬愛なるベートーヴェン/エド・ハリス、ダイアン・クルーガー
「のだめカンタービレ」の影響でプチクラシックブームが起きているというこの時期に公開されるのは意図したわけじゃないでしょうけど、なかなかのタイムリー。ベートーヴェンの晩年の物語を架空の女性コピィスト(写譜師)・アンナの視点を軸に描いていくヒューマン音楽ドラマ.... ...続きを見る
カノンな日々
2007/01/03 17:36
敬愛なるベートーヴェン
もう20年以上も前のことになりますが、「第九」の合唱の部分を歌ったことがあります。独唱の部分は、難易度が高いと思うのですが、合唱の部分は、意外に歌いやすかったです。基本的に、ソリストが合唱の先導をするスタイルになっていて、しかも、直前にソリストが合唱の最初の音を ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2007/01/03 19:49
「敬愛なるベートーベン」
「敬愛なるベートーベン」シャンテシネで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2007/01/04 15:38
【劇場鑑賞142】敬愛なるベートーヴェン(Copying Beethoven)
“第九”誕生の裏に、 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/01/04 22:18
「敬愛なるベートーヴェン」 表現者にとって、理解者は何事にも代え難いもの
漫画「のだめカンタービレ」のおかげで、普通にクラッシックを聞くことが多くなりまし ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2007/01/05 05:55
映画『敬愛なるベートーヴェン』を観て
原題:CopyingBeethoven(イギリス・ハンガリー)公式HP上映時間:104分鑑賞日:12月24日 バウスシアター(吉祥寺)監督:アニエスカ・ホランド出演:エド・ハリス(ベートーヴェン)、ダイアン・クルーガー(アンナ・ホルツ)、マシュー・グード(マルティン・バウ... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2007/01/06 00:01
敬愛なるベートーヴェン
土曜日の2本目は「敬愛なるベートーヴェン」 1824年、ウィーン。交響曲第九番「 ...続きを見る
HIROMIC WORLD
2007/01/10 00:07
敬愛なるベートーヴェン(05・英・ハンガリー)
あの予告編を観ただけで心が騒ぎました。合唱部魂?(高校のとき合唱部でした〜)が揺さぶられました。 で、「第九といえば年末でしょう!」と意気込んでたのですが・・・結局年を越してからの鑑賞となりました。 ...続きを見る
no movie no life
2007/01/13 23:26
★「敬愛なるベートーヴェン」
今年1本目の劇場鑑賞は、 三連休なので日曜日でもナイトショウを開催してくれてる「TOHOシネマズ川崎」にて。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2007/01/14 02:18
2007年の一本目は!?
レポートとかで忙しくても 空いた時間にちょくちょく観てます その90分とか120分の間に取り組んでいたとしても その分作業が進むとは限らないしね{/face_warai/} ...続きを見る
めそのたわごと
2007/01/18 01:49
敬愛なるベート―ヴェン★★★☆劇場13本目・第九のシーンは圧...
もしかしたら見逃しちゃうかも?!と思ってましたが何とか見に行ってきました、敬愛なるベート―ヴェン。誰もが知っている偉大な作曲家、ベートーヴェンの亡くなる前の数年間を描いたもの。解説は例によって、yahooからコピペでまとめてみました。解説:孤高の天才音楽家ル... ...続きを見る
kaoritalyたる所以
2007/01/22 00:21
クラシック落語
「敬愛なるベートーヴェン」 「しゃべれども,しゃべれども」 ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/11/17 15:59
敬愛なるベートーベン−(映画:2007年133本目)−
監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ジョー・アンダーソン ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2007/12/02 14:45
敬愛なるベートーヴェン
 『“第九”誕生の裏に、 耳の聴こえないベートーヴェンを 支えた女性がいた。』  コチラの「敬愛なるベートーヴェン」は、年末になると必ず1度は耳にする「第九」、その誕生と彼の晩年を支えた1人の女性にスポットを当てたヒストリカル音楽ムービーです。  主演は.... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2007/12/27 20:42
『敬愛なるベートーヴェン』(2006)
交響曲第9番の初演を、四日後に控えたベートーヴェン。しかしながら、未だに終楽章の合唱パートが完成していなかった。そこで音楽学校の優秀な生徒を写譜師として雇おうとしたのだが、そこに現れたのは作曲家を志す女性アンナ・ホルツ。最初は彼女を拒絶するベートーヴェンだったが、彼女が並々ならぬ才能の持ち主であり、なおかつ自分の音楽を理解していることを見て取ると、彼女を採用する。 そして初演の日がやって来た。ところがベートーヴェンは、耳が不自由なこともあって満足に指揮の出来ない自分に絶望していた。そこでアンナ... ...続きを見る
【徒然なるままに・・・】
2007/12/29 11:01
『敬愛なるベートーヴェン』'07・英・ハンガリー
あらすじ“第九”の初演を4日後に控えた1824年のウィーン。楽譜が完成しない中、ベートーヴェンのもとに写譜師としてアンナが派遣されてくる。ベートーヴェンはアンナを冷たくあしらうが彼女の才能を知り、仕事を任せることに・・・。感想詩人ランボーを描いた『太陽... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2008/06/30 08:25
敬愛なるベートーヴェン
2006 イギリス,ハンガリー 洋画 ドラマ 作品のイメージ:感動、切ない、スゴイ 出演:エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、マシュー・グード、ラルフ・ライアック ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/02/18 09:04
敬愛なるベートーヴェン
Copying Beethoven 2006年:イギリス・ハンガリー 監督:アニエスカ・ホランド 出演:エド・ハリス、フィリーダ・ロウ、マシュー・グッド、ダイアン・クルーガー、ラルフ・ライアック、ニコラス・ジョーンズ ...続きを見る
mama
2010/02/18 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
おお〜♪CINECHANさんは、大晦日に第九が聴けたなんて、羨ましいですね〜!これ、私の友達は、わざわざ聴きに行ったり、後は、コーラス部分をみんなで歌う、っていうのが大晦日のコンサートの特徴でしょうか♪
ラスト、死ぬ間際にアンナ・ホルツが死を看取った、という冒頭が繋がってましたね。あれだけの激動の人生を歩んだ人が、最後幸せな死に方をしたのだとしたら、本当に良かったなあ、と思いましたよ♪
とらねこ
URL
2007/01/03 11:54
とらねこさん、いらっしゃいませ。
第九を大晦日に聴く、歌うというセレモニーは以前から知っていたんですが、本当に第九を大晦日に聴くというのは初めてでした。なかなかいいものです(笑)。
そうですねぇ。ラストはのいまわの際は幸せだったんでしょうね。理解者が傍にいたんですから。
CINECHAN
2007/01/03 13:09
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします!

ご指摘通り、冒頭のシーンとラストのシーンの繋がりがきつかったですね。
でもやはり第九シーンは圧巻!素晴らしかったです。

大晦日に1800円であんな素晴らしい第九が聴けるのはホントに幸せなこと!

ではCINECHANさん、今年もたくさんのよい映画に出会えるといいですね!
睦月
2007/01/03 22:45
睦月さん。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
ちょっとラストのまとめは辛かったですね。
でも第九のシーンは良かった。大晦日に聴いたというのも更に気分を高揚させたのかもしれません。

今年もお互いいい映画に会えるように。
CINECHAN
2007/01/04 12:40
あけましておめでとうございます
昨年は沢山TBいただきありがとうございました。
お返しするのがやっとでなかなかコメントも入れられないでいるのですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

第九は毎年年末になると聞きますが、なんかこんなに感動しながら聞いたのは初めてでした。
聞いて当たり前みたいになって聞き流していたのでしょうか。
沢山のベートーヴェンの曲が素晴らしい曲が聴けてよかったと思いました。
chikat
URL
2007/01/04 17:38
chikatさん、いらっしゃいませ。明けましておめでとうございます。
いえいえこちらこそTBだけなので、気にせずに今年もよろしくお願いします。
第九を鑑賞したというのは初めてじゃないかなぁ。やっぱり巷に流れている第九を聞き流している感じですからね。
ストーリー展開は正直わかり辛いところもありましたが、ベートーヴェンの曲を聴けたのは良かったですね。効果的でした。
CINECHAN
2007/01/04 21:54
CINECHANさん、こんばんわ。なかなか良い年越しをされたようですね。
冒頭とラストの繋がりは想像するしか無いですが、クライマックスに向けての盛り上がりなど見ごたえのある作品でしたね。
HIROMIC WORLD
URL
2007/01/10 01:07
こんばんは。TBどうもです。
大晦日、私も狙ってたんですがダメで・・・(笑)
年明け初映画鑑賞がこれとなりました。
でも、最初から幸先良いスタートでした。第九のシーンは涙が流れました。
「神が自分の聴覚を奪ったのだ」って、本当にそういう感じがしてきました。
カオリ
URL
2007/01/13 23:29
カオリさん、コメントありがとうございます。
これを大晦日に観られたのは、良かったですよ。私は狙ったわけではなかったんですが、それを狙った人が多かったのか、満員でした。
第九のシーンは圧巻でしたね。私も胸に響きました。
CINECHAN
2007/01/14 01:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
284「敬愛なるベートーヴェン」(イギリス・ハンガリー) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる