CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 11「みえない雲」(ドイツ)

<<   作成日時 : 2007/01/15 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

極限下のロマンス
 ドイツの田舎町に住む高校3年生のハンナ。幼い弟ウリーと母親の3人で暮らしていた。ある日気になっていた転校生のエルマーから呼び出され、ぎこちない会話の後突然のキス。幸せな気分に浸っていたが、そこでサイレンが鳴り響く。近郊の原子力発電所で事故が発生、美しい自然に囲まれたのどかな町は一転パニックに陥る。
 母親が丁度出張中だったため弟のウリーを迎えに家へ帰るハンナ。エルマーも一度家へ帰って、車でハンナを迎えに行くと言う。その言葉を信じるハンナ。
 放射能を帯びた雲が迫ってくるなか、極限下の状況で暴徒化する群衆。果たしてハンナはエルマーと再会し、逃げ切ることができるか?

 1986年のチェルノブイリ原発事故の翌年に発表された小説が原作らしい。

 基本的には青春恋愛ものなのだと思う。普通の女子高生が転校生の男子学生と恋に落ち、困難に遭いながら愛を育む。しかし、その困難というものがあまりにも極限に達したものである。
 原発事故。チェルノブイリを経験したことのあるドイツでは絵空事ではないのだろう。放射能から逃げ惑う群衆のパニックがそれを物語る。
 ハンナに降りかかる災難はそれだけではなく、幾重にも悲劇に見舞われる。そんな彼女を支えたのはエルマーへの愛。しかし、それさえも悲劇が伴う。

 原発事故を境に、序盤は大自然に囲まれた平凡だが、幸せな暮らしを描き、後半は事故後の一転した生活を描いている。被爆者は世間からはちょっと白い目で見られてしまう。
 一体この物語はどういう風に展開していくのだろう? と鑑賞中には予測がつかない。ラストは未来への生きる希望というものが見られたのだと思いたい。

 主演の二人、エルマー役のフランツ・ディンダはキアヌ・リーブスによく似ていたと思う。ハンナ役のパウラ・カレンベルク。長澤まさみに負けず劣らぬ女優魂を見せている。

 作品の最後に、ドイツでは現在も17の原発が稼動中だとクレジットされる。怖いなぁなんてちょっと他人事のように感じてしまったが、後で知ったところによると、日本はその3倍の原発があるというではないか。日本でもその恐怖はすぐ傍にある。

/5

監督:グレゴール・シュニッツラー
出演:パウラ・カレンベルク、フランツ・ディンダ、リッチー・ミュラー
於:シネカノン有楽町
みえない雲 [DVD]
ハピネット
2007-05-25

ユーザレビュー:
もったいない前半まで ...
原発を見直すきっかけ ...
前向きなハンナ高校生 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
見えない雲
1月3日の2本目は「見えない雲」 美しい自然に囲まれたのどかで小さな街シュリッツ ...続きを見る
HIROMIC WORLD
2007/01/17 00:35
#4.みえない雲
原発事故という重いテーマを扱った社会派ドラマでありながら、なぜか生きる希望とか愛の強さを感じさせる、ドイツ映画。 &nbsp; &nbsp; ...続きを見る
レザボアCATs
2007/01/17 23:48
みえない雲
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ...続きを見る
カリスマ映画論
2007/01/21 06:48
みえない雲
&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; 2人の切ない愛の奇跡に涙があふれ、そして明日への希望を抱きしめる。 ...続きを見る
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2007/03/29 16:47
「みえない雲」VS日本の国民保護計画
ドイツには今17基の原発があり、110数件のトラブルが報告されているという。(日本にはその約三倍の原発があり、報告の精度はそれよりもおそらく低い)もし近郊の原子力発電所で臨界事故が起きれば人々はどうなるのか、という映画だ。事故そのものは一切映さず、70キ... ...続きを見る
再出発日記
2007/04/15 12:31
みえない雲(DVD)
製作年:2006年 製作国:ドイツ 監 督:グレゴール・シュニッツラー 出演者:パウラ・カレンベルク/フランツ・ディンダ/ハンス=ラウリン・バイヤーリンク/トマス・ヴラシア 時 間:103分 No.1042 ...続きを見る
ひるめし。
2008/03/08 15:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
CINECHANさん、こんばんわ。
そうですよね。これはやっぱり「愛」の物語ですよね。
そしてよく考えたら、ハンナはまだ高校生。希望を感じさせるラストだったことが救いですね。
HIROMIC WORLD
URL
2007/01/17 01:06
HIROMIC WORLDさん、いらっしゃいませ。
基本的にはラブ・ストーリー。その背景に原発事故があったということでしょう。
ラストはやっぱり希望があったんですよね。
CINECHAN
2007/01/17 09:00
こんばんは、CINECHANさん!
日本には55基もの原子力発電所があるということなんですよね。
事故も起きたことがあるというし、ましてやテロが起きれば原発が標的にもなる可能性が多いだろうという・・。
本当に他人事じゃないんですよね。恐ろしいです。
とらねこ
URL
2007/01/17 23:46
こんばんわ!
お仕事前にコメント&TBをありがとうございました(笑)。
おお!なんか、ここで4スライムは久々に見た気がしますが・・・気のせいでしょうか(笑)?

前半のパニック描写が今でも鮮明に脳裏に残っています。
見えない恐怖に襲われる人間とはあんな窮地に陥るものなのかと思ったら、ものすごく怖いなあという感じがしました。
日本でも十分ありうることだなんて・・・・(恐)。
睦月
2007/01/18 20:03
とらねこさん、いらっしゃいませ。
55基!? いやぁこんな狭い国土にそんなにあるんですか?
正に他人事じゃないですね。日本の原発の近くも美しい自然があるんでしょうかね? その対比が鮮烈な作品でした。
CINECHAN
2007/01/19 01:22
睦月さん、コメント、サンキュー。
確かに4スライム(?)は久しぶりかも。なかなか見やすい作品でした。
あの見えない恐怖に対するパニックは凄かったですね。対象が見えないだけに恐怖が絶頂に達するんでしょう。
あの駅でのシーン。ハンナはよく踏みつけられなかったですね。
CINECHAN
2007/01/19 01:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
11「みえない雲」(ドイツ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる