CINECHANが観た映画について

アクセスカウンタ

zoom RSS 254「父親たちの星条旗」(アメリカ)

<<   作成日時 : 2006/11/26 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 4

祭り上げられてしまった英雄たち
 1945年2月23日、戦争に疲弊していたアメリカ国民を熱狂させた1枚の写真が撮影された。それは硫黄島に星条旗を立てる6人の兵士の姿だった。6人のうち生き残った3人、ドク、アイラ、レイニーは帰国し、硫黄島の英雄として迎えられ、国債買入のため全国への行脚へと駆り出される。どの地でも熱狂的に迎えられる3人。しかし、彼らは戸惑い、苦悩していた。
 あの1枚の写真の裏側にある真実。もう一つの星条旗の存在。入れ替った6人目の兵士の存在。そして忘れ得ぬあの戦場。
 彼らは硫黄島で何を見たのか?

 有名な写真の裏側に隠されたいくつもの真実と、英雄として祭り上げられた3人の兵士の苦悩を描く作品。「硫黄島2部作」として製作され、アメリカ側からの視点として描かれている。

 ストーリーは英雄として帰還した3人の行脚のシーンから、回想として硫黄島での戦闘シーンが描かれる。その戦闘シーンはなかなか迫力あるもので、更に凄惨でもあった。

 そして3人の兵士たち。苦悩を顕わにしていたのは、インディアンでもあるアイラ。あまりの苦悩に行脚中酒浸りになってしまう。英雄だと言われているのに、インディアンということで、酒場への入店を拒否される。
 ドクも硫黄島での戦争に苛まれていたが、それを表すということもなく、冷静に対応する。それでも裏に隠された苦悩はかなりのものだったようだ。
 戦場でのライアン・フィリップは違う人のように見えるほど精悍に演じていた。

 戦場での悲惨さ、英雄と祭り上げられた若き兵士の苦悩。全編辛いシーンばかりである。終盤そこに光を見せようとしていたかもしれないが、やっぱり辛い終わりだったように感じる。
 個人的には終盤のシーンは長過ぎるに感じた。

 英雄とは周囲の人々が作り上げるものである。特に戦争においては英雄を作り上げて、意気を鼓舞する。戦争には英雄というものは本当はいないのだろう。そう感じる若き兵士の姿が痛々しい。

/5

監督:クリント・イーストウッド
出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェイミー・ベル
於:丸の内プラゼール
「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック
ビクターエンタテインメント
2006-12-06
サントラ


Amazonアソシエイト by 「父親たちの星条旗」オリジナル・サウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真・映画日記(5)『父親たちの星条旗』
(4から) シネ・アミューズを出て渋谷駅へ。 人混みでまいる。 なんとかかきわけながらJR山手線で新宿に移動。歌舞伎町のコマ劇場前の映画街へ。 ...続きを見る
CHEAP THRILL
2006/11/26 21:03
父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・ハリー』でハリーについて語られる言葉だが、イーストウッドその人を顕実に物.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2006/11/27 02:36
父親たちの星条旗
やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/11/27 11:01
「父親たちの星条旗」
「父親たちの星条旗」丸の内プラゼールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2006/11/27 16:24
父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ
この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の写真が使わ.... ...続きを見る
カノンな日々
2006/11/27 22:49
★「父親たちの星条旗」
クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。 日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。 ...続きを見る
ひらりん的映画ブログ
2006/11/28 02:00
「父親たちの星条旗」見てきました
 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/11/28 02:22
父親たちの星条旗
「父親たちの星条旗」 FLAGS OF OUR FATHERS/製作:2006年 ...続きを見る
映画通の部屋
2006/11/29 20:53
父親たちの星条旗
第二次世界大戦においても、もっとも過酷な激戦の場の一つであったとされる硫黄島の戦いについて、アメリカ側から描いた作品です。来月公開される予定の、日本側から描いた「硫黄島からの手紙」と併せた二部作となっています。 ...続きを見る
日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て......
2006/12/07 23:44
【 父親たちの星条旗 】
硫黄島に星条旗を掲げる兵士の写真の真実を描くドラマ。硫黄島2部作、アメリカ側からの視点で描く第1弾。監督はクリント・イーストウッド。 国債を売るためにキャンペーンに参加する3人と戦地での戦闘シーンを交互に見せる構成。本土では英雄扱いされる3人それぞれの... ...続きを見る
もじゃ映画メモメモ
2006/12/10 17:42
「父親たちの星条旗」
今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いたこの映画、あなた ...続きを見る
共通テーマ
2006/12/19 20:18
「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る
イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2007/01/02 19:38
映画DVD「父親たちの星条旗」
2006年アメリカ 正直言ってピンとこず、感情移入はできなかった。 日本人にはわからないのだろうか? ...続きを見る
映画DVDがそこにある。
2007/11/23 13:43
父親たちの星条旗
 『アメリカから見た硫黄島 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。』  コチラの「父親たちの星条旗」は、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点で描いたクリント・イーストウッド監督作品なんですが、10/28公開になったので、観てきちゃいましたぁ〜♪  確か教科書にも載... ...続きを見る
☆彡映画鑑賞日記☆彡
2008/02/24 18:55
父親たちの星条旗
戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 ...続きを見る
Addict allcinema 映画レ...
2009/08/06 12:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
『ソウ3』と併せてTB&コメントありがとうございます。
>戦争には英雄というものは本当はいないのだろう。
そうですね。これが一番強く伝わってきたメッセージといった印象を受けました。
ライアン・フィリップは、『クラッシュ』を観たイーストウッドが大抜擢したとの事ですが。なかなか、監督のイメージ通りのキャラクターに仕上がっていたのではないかしら。(贔屓目?)
隣の評論家
URL
2006/11/29 20:57
隣の評論家さん、コメント、サンキュー。
ドラマティックという感じではありませんでしたが、戦争というものの悲惨さ、兵士の苦悩はよく伝わってきました。
ライアン・フィリップはなかなか好演してましたよね。
CINECHAN
2006/11/30 01:02
こんにちは、CINECHANさん。
じぶんは歴史にものすごく疎いのでへぇ連発で観てました。
ついでに戦争映画も苦手なんですがね。
「硫黄島」もう公開してますね。今年中に観に行けるかなぁ。
もじゃ
URL
2006/12/10 17:49
もじゃさん、コメントありがとうございます。
戦争映画苦手なんですか? 「プラトーン」や「ハンバーガー・ヒル」などのベトナム戦争ものが流行っていた時結構はまりましたが。
「硫黄島」はすでに観てきました。
CINECHAN
2006/12/13 00:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
254「父親たちの星条旗」(アメリカ) CINECHANが観た映画について/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる